処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020085396 - 溶媒を使用しないクロスカップリング反応及びその反応を用いる製造方法

公開番号 WO/2020/085396
公開日 30.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/041566
国際出願日 23.10.2019
IPC
C07C 1/32 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
1いずれも炭化水素でない1個またはそれ以上の化合物からの炭化水素の製造
32酸素またはハロゲン以外の異種原子を含有する化合物またはそれら異種原子を酸素またはハロゲンとともに含有する化合物を原料とするもの
C07C 15/14 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
15環部分として6員芳香環のみを含有する環式炭化水素
12非縮合多環式炭化水素
14すべてのフェニル基が直接結合しているもの
C07C 15/24 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
15環部分として6員芳香環のみを含有する環式炭化水素
20縮合多環炭化水素
242個の環を含有するもの
C07C 19/08 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
19ハロゲン原子を含有する非環式飽和化合物
08フッ素を含有するもの
C07C 41/22 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
41エーテルの製造;「図」基,「図」基または「図」基をもつ化合物の製造
01エーテルの製造
18エーテル基の酸素結合を生成しない反応によるもの
22ハロゲンの導入によるもの;ハロゲン原子を他のハロゲン原子によって置換することによるもの
C07C 43/205 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
43エーテル;「図」基,「図」基または「図」基をもつ化合物
02エーテル
20エーテル基の酸素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
205芳香環が非縮合環であるもの
出願人
  • 国立大学法人北海道大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION HOKKAIDO UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 伊藤 肇 ITO, Hajime
  • 久保田 浩司 KUBOTA, Koji
代理人
  • 山尾 憲人 YAMAO, Norihito
  • 言上 惠一 GONJOU, Keiichi
優先権情報
2018-19891523.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SOLVENT-FREE CROSS-COUPLING REACTION, AND PRODUCTION METHOD USING SAID REACTION
(FR) RÉACTION DE COUPLAGE CROISÉ SANS SOLVANT ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION UTILISANT LADITE RÉACTION
(JA) 溶媒を使用しないクロスカップリング反応及びその反応を用いる製造方法
要約
(EN)
A cross-coupling reaction method including: preparation of an aromatic compound (1) that has a leaving group; preparation of a compound (2) capable of a cross-coupling reaction, the compound (2) being selected from aromatic amino compounds (2-1), diboronic acid esters (2-2), aromatic boronic acids (2-3), aromatic compounds (2-4) that have hydroxyl groups, and aromatic compounds (2-5) that have thiol groups; and cross-coupling reaction of compound (1) and compound (2) without a solvent in the presence of a palladium catalyst, a base, and a compound (4) that has a carbon-carbon double bond or a carbon-carbon triple bond.
(FR)
La présente invention concerne un procédé de réaction de couplage croisé qui consiste à : préparer un composé aromatique (1) ayant un groupe partant ; préparer un composé (2) capable d'une réaction de couplage croisé, le composé (2) étant choisi parmi des composés aminés aromatiques (2-1), des esters d'acide diboronique (2-2), des acides boroniques aromatiques (2-3), des composés aromatiques (2-4) ayant des groupes hydroxyle, et des composés aromatiques (2-5) ayant des groupes thiol ; et une réaction de couplage croisé du composé (1) et du composé (2) sans solvant en présence d'un catalyseur au palladium, d'une base, et d'un composé (4) ayant une double liaison carbone-carbone ou une triple liaison carbone-carbone.
(JA)
脱離基を有する芳香族化合物(1)を準備すること;芳香族アミノ化合物(2-1)、ジボロン酸エステル類(2-2)、芳香族ボロン酸類(2-3)、水酸基を有する芳香族化合物(2-4)及びチオール基を有する芳香族化合物(2-5)から選択されるクロスカップリング反応可能な化合物(2)を準備すること;並びに パラジウム触媒、塩基、並びに炭素-炭素二重結合又は炭素-炭素三重結合を有する化合物(4)の存在下、無溶媒で、化合物(1)と化合物(2)をクロスカップリング反応させること;を含む、クロスカップリング反応方法である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報