処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020085335 - 2-シアノアクリレート化合物の製造方法、及び、光硬化性接着剤組成物の製造方法

公開番号 WO/2020/085335
公開日 30.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/041400
国際出願日 21.10.2019
IPC
C07C 253/30 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
253カルボン酸ニトリルの製造
30シアノ基の形成の関与しない反応によるもの
C07C 255/23 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
255カルボン酸ニトリル
01非環式炭素原子に結合しているシアノ基をもつもの
23シアノ基と,同じ不飽和非環式炭素骨格に結合している,シアノ基以外のカルボキシル基とを含有するもの
C09J 4/04 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
4少なくとも1つの重合性炭素―炭素不飽和結合をもつ有機非高分子化合物に基づく接着剤
02アクリルモノマー
04シアノアクリレートモノマー
C09J 11/06 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11グループC09J9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02非高分子添加剤
06有機物
出願人
  • 東亞合成株式会社 TOAGOSEI CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 石▲崎▼ 謙一 ISHIZAKI, Kenichi
  • 大村 健人 OOMURA, Kento
  • 一色 絵利香 ISSHIKI, Erika
  • 堀江 洋慈 HORIE, Yoji
代理人
  • 特許業務法人太陽国際特許事務所 TAIYO, NAKAJIMA & KATO
優先権情報
2018-19957323.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PRODUCTION METHOD FOR 2-CYANOACRYLATE COMPOUND AND PRODUCTION METHOD FOR PHOTOCURABLE ADHESIVE COMPOSITION
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE COMPOSÉ 2-CYANOACRYLATE, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE COMPOSITION D’ADHÉSIF PHOTODURCISSABLE
(JA) 2-シアノアクリレート化合物の製造方法、及び、光硬化性接着剤組成物の製造方法
要約
(EN)
This production method for a 2-cyanoacrylate compound includes: a depolymerization step for depolymerizing a 2-cyanoacrylate polycondensate that is a condensate of a cyanoacetic acid ester compound and a formaldehyde compound in the presence of a polymerization inhibitor and under heat and reduced pressure to obtain a crude 2-cyanoacrylate monomer; and a distillation purification step for distilling the crude 2-cyanoacrylate monomer to obtain a purified 2-cyanoacrylate monomer. The polymerization inhibitor used in the depolymerization step is a compound that does not have a hydroquinone structure.
(FR)
Le procédé de fabrication de composé 2-cyanoacrylate de l’invention inclut : une étape de dépolymérisation au cours de laquelle un polycondensat de 2-cyanoacrylate consistant en un condensat d’un composé d’ester d’acide cyanacétique et d’un composé formaldéhyde est soumis à une dépolymérisation en présence d’un inhibiteur de polymérisation et dans des conditions de chauffage et de réduction de pression, afin d'obtenir un monomère de 2-cyanoacrylate brut; et une étape de purification par distillation au cours de laquelle le monomère de 2-cyanoacrylate brut est distillé, afin d'obtenir un monomère de 2-cyanoacrylate pur. Ledit inhibiteur de polymérisation mis en œuvre lors de ladite étape de dépolymérisation, consiste en un composé ne comprenant pas de structure hydroquinone.
(JA)
本発明の2-シアノアクリレート化合物の製造方法は、シアノ酢酸エステル化合物とホルムアルデヒド化合物との縮合体である2-シアノアクリレート重縮合体を、重合禁止剤の存在下、かつ加熱減圧条件下で解重合し、粗製2-シアノアクリレートモノマーを得る解重合工程と、前記粗製2-シアノアクリレートモノマーを蒸留して、精製2-シアノアクリレートモノマーを得る蒸留精製工程と、を含み、前記解重合工程において用いられる前記重合禁止剤が、ハイドロキノン構造を有しない化合物である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報