処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020085038 - 電線の接続構造、および、電線の接続方法

公開番号 WO/2020/085038
公開日 30.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/039244
国際出願日 04.10.2019
予備審査請求日 14.01.2020
IPC
H01R 4/02 2006.01
H電気
01基本的電気素子
R導電接続;互いに絶縁された多数の電気接続要素の構造的な集合体;嵌合装置;集電装置
42個以上の導電部材間の,直接の接触,すなわち互いの接触による導電接続;そのような接触を行い,または保持する手段;導体のための間隔をあけた二つ以上の接続箇所があり,絶縁体を突き刺す接触子を用いる導電接続
02はんだ付け,または溶接による接続
B23K 20/10 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
20加熱するかまたは加熱することなく,衝撃または他の圧力を加えることによる非電気的接合,例.クラッド法または被せ金法
10振動を利用するもの,例.超音波接合
H01R 4/62 2006.01
H電気
01基本的電気素子
R導電接続;互いに絶縁された多数の電気接続要素の構造的な集合体;嵌合装置;集電装置
42個以上の導電部材間の,直接の接触,すなわち互いの接触による導電接続;そのような接触を行い,または保持する手段;導体のための間隔をあけた二つ以上の接続箇所があり,絶縁体を突き刺す接触子を用いる導電接続
58接触する部材の形状または材質に特徴のあるもの
62異なる材質の導体間の接続;アルミニウム導体もしくは鋼心アルミニウム導体との接続またはアルミニウム導体もしくは鋼芯アルミニウム導体間の接続
H01R 43/02 2006.01
H電気
01基本的電気素子
R導電接続;互いに絶縁された多数の電気接続要素の構造的な集合体;嵌合装置;集電装置
43電線接続器または集電装置の製造,組立,保守または修理のためまたは導体接続のために特に採用される装置または方法
02はんだまたは溶接接続のためのもの
H02G 1/14 2006.01
H電気
02電力の発電,変換,配電
G電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け
1電気ケーブル,電線の据え付け,保守,修理または取り外しのために特に用いられる方法または装置
14ケーブルの接続または端末処理のためのもの
H02G 15/08 2006.01
H電気
02電力の発電,変換,配電
G電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け
15ケーブル付属品
08ケーブル接続
出願人
  • 株式会社オートネットワーク技術研究所 AUTONETWORKS TECHNOLOGIES, LTD. [JP]/[JP]
  • 住友電装株式会社 SUMITOMO WIRING SYSTEMS, LTD. [JP]/[JP]
  • 住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 川田 祐司 KAWATA Yuji
  • 宮本 賢次 MIYAMOTO Kenji
  • 玉川 達男 TAMAGAWA Tatsuo
  • 白井 大地 SHIRAI Daichi
代理人
  • 特許業務法人暁合同特許事務所 AKATSUKI UNION PATENT FIRM
優先権情報
2018-20080525.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ELECTRICAL-WIRE CONNECTING STRUCTURE AND ELECTRICAL-WIRE CONNECTING METHOD
(FR) STRUCTURE DE CONNEXION DE FIL ÉLECTRIQUE ET PROCÉDÉ DE CONNEXION DE FIL ÉLECTRIQUE
(JA) 電線の接続構造、および、電線の接続方法
要約
(EN)
In the present invention, a harness (1) comprises a copper electrical-wire 10A and an aluminum electrical-wire 10B. The copper electrical-wire 10A comprises a copper core wire 11A. The aluminum electrical-wire 10B includes an aluminum core wire 11B composed of a material different from the copper core wire 11A and having lower conductor strength than the copper core wire 11A. The copper core wire 11A is folded back so as to be multi-layered and a part of the tip side thereof forms a bulk part 11AE. The harness 1 further comprises a joint part 20 where the aluminum core wire 11B and the copper core wire 11A that includes the bulk part 11AE are welded. The joint part 20 comprises: a first layer 21 composed of the copper core wire 11A that includes the bulk part 11AE; and a second layer 22 composed of the aluminum core wire 11B and disposed so as to overlap the first layer 21.
(FR)
Dans la présente invention, un faisceau (1) comprend un fil électrique de cuivre 10A et un fil électrique d'aluminium 10B. Le fil électrique de cuivre 10A comprend un fil d'âme de cuivre 11A. Le fil électrique en aluminium 10B comprend un fil d'âme d'aluminium 11B composé d'un matériau différent du fil d'âme de cuivre 11A et ayant une résistance de conducteur inférieure à celle du fil d'âme de cuivre 11A. Le fil d'âme de cuivre 11A est replié de manière à être multicouche et une partie du côté de pointe de celui-ci forme une partie massive 11AE. Le faisceau 1 comprend en outre une partie de jonction 20 où le fil d'âme d'aluminium 11B et le fil d'âme de cuivre 11A qui comprend la partie massive 11AE sont soudés. La partie de jonction 20 comprend : une première couche 21 composée du fil d'âme de cuivre 11A qui comprend la partie massive 11AE ; et une seconde couche 22 composée du fil d'âme d'aluminium 11B et disposée de manière à chevaucher la première couche 21.
(JA)
ハーネス1は、銅電線10Aと、アルミニウム電線10Bとを備える。銅電線10Aは、銅芯線11Aを備える。アルミニウム電線10Bは、銅芯線11Aとは異なる材料により構成され、銅芯線11Aよりも低い導体強度を有するアルミニウム芯線11Bを備える。銅芯線11Aは、折り返されて多重とされており、先端側の一部がかさ増し部11AEとなっている。ハーネス1は、かさ増し部11AEを含む銅芯線11Aとアルミニウム芯線11Bとが溶接された接合部20を備えている。接合部20は、かさ増し部11AEを含む銅芯線11Aで構成された第1層21と、アルミニウム芯線11Bにより構成され、第1層21に重なって配置された第2層22とを備える。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報