処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020084915 - 車両の制動方法

公開番号 WO/2020/084915
公開日 30.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/034732
国際出願日 04.09.2019
IPC
B60T 7/12 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
T車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
7制動をきかせる初動装置
12自動初動のためのもの;運転者や乗客の意志によらない初動のためのもの
B60T 8/17 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
T車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
8車両の状態または路面状況の変化に適合するための車輪制動力の調整装置,例.制動力の配分を制限または変更するための装置
17ブレーキを制御するために電気調整手段または電子調整手段を用いるもの
B60T 8/28 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
T車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
8車両の状態または路面状況の変化に適合するための車輪制動力の調整装置,例.制動力の配分を制限または変更するための装置
26前輪と後輪の間に異なる制動力を発生することを特徴とするもの
28減速度に応ずるもの
B60T 13/74 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
T車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
13補助動力または駆動動力を用いて初動装置から最終制動作動器への制動動作の伝達;そのような伝達装置が組み込まれた制動方式,例.空気圧制動方式
74電気的補助力または駆動力をもつもの
出願人
  • 日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 吉澤 秀和 YOSHIZAWA, Hidekazu
  • 大久保 達司 OHKUBO, Tatsuji
  • 佐藤 正博 SATO, Masahiro
代理人
  • 小野 新次郎 ONO, Shinjiro
  • 星野 修 HOSHINO, Osamu
優先権情報
2018-20025524.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) VEHICLE BRAKING METHOD
(FR) SYSTÈME DE FREINAGE DE VÉHICULE
(JA) 車両の制動方法
要約
(EN)
The present invention comprises a braking system capable of independently controlling: the braking force of a front wheel brake having an electric motor; and the braking force of a rear wheel brake having an electric motor. The present invention receives deceleration information and inter-vehicle distance information, for a plurality of vehicles traveling in front of a host vehicle, and performs braking using the rear wheel brake if the deceleration of the host vehicle is less than a prescribed value. If the deceleration of the host vehicle is at least the prescribed value: the braking force required for the host vehicle is calculated in accordance with a permissible braking distance for the host vehicle, calculated from the deceleration information and the inter-vehicle distance information; and braking is performed using both the front wheel brake and the rear wheel brake.
(FR)
La présente invention comprend un système de freinage capable de commander indépendamment : la force de freinage d'un frein de roue avant présentant un moteur électrique ; et la force de freinage d'un frein de roue arrière présentant un moteur électrique. La présente invention reçoit des informations de décélération et des informations de distance entre véhicules pour une pluralité de véhicules se déplaçant devant un véhicule hôte et réalise un freinage au moyen du frein de roue arrière si la décélération du véhicule hôte est inférieure à une valeur prescrite. Si la décélération du véhicule hôte est au moins égale à la valeur prescrite : la force de freinage requise pour le véhicule hôte est calculée en fonction d'une distance de freinage admissible pour le véhicule hôte calculée à partir des informations de décélération et des informations de distance entre véhicules ; et un freinage est réalisé au moyen à la fois du frein de roue avant et du frein de roue arrière.
(JA)
電動機を有する前輪ブレーキの制動力と、電動機を有する後輪ブレーキの制動力とを独立して制御できるブレーキシステムを備え、自車の前方を走行する複数の車両の減速度情報と車間距離情報とを受信し、自車の減速度が所定値未満の場合には、後輪ブレーキを用いて制動を行い、自車の減速度が所定値以上の場合には、減速度情報と車間距離情報から算出した自車の許容制動距離に応じて自車に必要な制動力を算出し、前輪ブレーキと後輪ブレーキとの両方を用いて制動することとした。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報