処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020084914 - 歯車の支持構造

公開番号 WO/2020/084914
公開日 30.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/034712
国際出願日 04.09.2019
IPC
F16H 55/17 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H伝動装置
55運動伝達用の歯または摩擦面をもつ要素;伝動機構用のウォーム,プーリまたは綱車
02歯のあるもの,ウォーム
17歯車
出願人
  • ジヤトコ株式会社 JATCO LTD [JP]/[JP]
  • 日産自動車株式会社 NISSAN MOTOR CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 沼田 和也 NUMATA, Kazuya
  • 松下 浩之 MATSUSHITA, Hiroyuki
  • 神山 晃 KAMIYAMA, Akira
  • 勝山 涼介 KATSUYAMA, Ryousuke
  • 椎野 司 SHIINO, Tsukasa
代理人
  • 小林 博通 KOBAYASHI, Hiromichi
  • 富岡 潔 TOMIOKA, Kiyoshi
優先権情報
2018-19880222.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SUPPORT STRUCTURE FOR GEAR
(FR) STRUCTURE DE SUPPORT POUR ENGRENAGE
(JA) 歯車の支持構造
要約
(EN)
A support structure for a ring gear (32) has clutch drum (6) that fits in spline fashion with the ring gear (32), and a first snap ring (38) and a second snap ring (39) that are attached to a peripheral wall part (62) of the clutch drum (6) and that support the ring gear (32). The first snap ring (38) does not diametrically overlap the ring gear (32). The second snap ring (39) diametrically overlaps the ring gear (32). A diametrical length (a1) of the first snap ring (38) is greater than diametrical length (a2) of the second snap ring (39).
(FR)
L'invention concerne une structure de support pour une couronne (32), la structure ayant un tambour d'embrayage (6) dont les rainures s'adaptent sur la couronne (32), un premier anneau de retenue (38) et un second anneau de retenue (39) fixés à une partie paroi périphérique (62) du tambour d'embrayage (6) et destinés à porter la couronne (32). Le premier anneau de retenue (38) ne chevauche pas diamétralement la couronne (32). Le second anneau de retenue (39) chevauche diamétralement la couronne (32). Une longueur diamétrale (a1) du premier anneau de retenue (38) est supérieure à une longueur diamétrale (a2) du second anneau de retenue (39).
(JA)
リングギア(32)の支持構造は、リングギア(32)とスプライン嵌合するクラッチドラム(6)と、クラッチドラム(6)の周壁部(62)に取り付けられて、リングギア(32)を支持する第1スナップリング(38)及び第2スナップリング(39)と、を有する。第1スナップリング(38)は、リングギア(32)と径方向においてオーバーラップしない。第2スナップリング(39)は、リングギア(32)と径方向においてオーバーラップする。第1スナップリング(38)の径方向の長さ(a1)は、第2スナップリング(39)の径方向の長さa2よりも大きい。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報