処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020084913 - 前後進切替機構

公開番号 WO/2020/084913
公開日 30.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/034711
国際出願日 04.09.2019
予備審査請求日 08.11.2019
IPC
F16H 3/60 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H伝動装置
3可変変速比をもった回転運動伝達用または逆転用歯車装置
44遊星運動をする歯車があるもの
46遊星歯車によって連結された,ただ2つの中心歯車を有する伝動装置
60逆転のみのための伝動装置
F16D 13/60 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
13摩擦クラッチ
58細部
60クラッチ要素
F16D 25/12 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
25流体で作動されるクラッチ
12前記形式の1つに特定されない細部
F16H 59/38 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H伝動装置
59回転運動を伝達するための変速あるいは逆転伝動装置のための制御入力
36入力が速度に関するもの
38伝動装置要素の速度
出願人
  • ジヤトコ株式会社 JATCO LTD [JP]/[JP]
  • 日産自動車株式会社 NISSAN MOTOR CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 沼田 和也 NUMATA, Kazuya
  • 松下 浩之 MATSUSHITA, Hiroyuki
  • 神山 晃 KAMIYAMA, Akira
  • 勝山 涼介 KATSUYAMA, Ryousuke
  • 椎野 司 SHIINO, Tsukasa
代理人
  • 小林 博通 KOBAYASHI, Hiromichi
  • 富岡 潔 TOMIOKA, Kiyoshi
優先権情報
2018-19880122.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FORWARD/REVERSE SWITCHING MECHANISM
(FR) MÉCANISME DE COMMUTATION VERS L'AVANT/VERS L'ARRIÈRE
(JA) 前後進切替機構
要約
(EN)
A forward/reverse switching mechanism (2) includes a planetary gear set (3), a reverse brake (5), and a forward clutch (4). The planetary gear set (3) has: a sun gear (31) that serves as an input part; a carrier (34) that serves as an output part; and a ring gear (32). The reverse brake (5) is configured to be able to fix the ring gear (32), and the forward clutch (4) is configured to be able to connect the ring gear (32) and the sun gear (31). The ring gear (32), a drive plate (52), of the reverse brake (5), close to the ring gear (32), and a driven plate (41), of the forward clutch (4), close to the ring gear (32) are spline- fitted to a clutch drum (6).
(FR)
Un mécanisme de commutation vers la marche avant/arrière (2) comprend un train planétaire (3), un frein de marche arrière (5) et un embrayage de marche avant (4). Le train planétaire (3) comprend : un planétaire (31) qui sert de partie d'entrée ; un support (34) qui sert de partie de sortie ; et une couronne dentée (32). Le frein de marche arrière (5) est configuré pour pouvoir fixer la couronne dentée (32), et l'embrayage de marche avant (4) est configuré pour pouvoir relier la couronne dentée (32) et le planétaire (31). La couronne dentée (32), une plaque d'entraînement (52), du frein de marche arrière (5), proche de la couronne dentée (32), et une plaque entraînée (41), de l'embrayage de marche avant (4), à proximité de la couronne dentée (32) sont solidarisés par les cannelures à un tambour d'embrayage (6).
(JA)
前後進切替機構(2)は、遊星歯車組(3)と後進ブレーキ(5)と前進クラッチ(4)とを備える。遊星歯車組(3)は、入力部となるサンギア(31)と、出力部となるキャリア(34)と、リングギア(32)と、を有する。後進ブレーキ(5)は、リングギア(32)を固定可能に構成され、前進クラッチ(4)は、リングギア(32)とサンギア(31)とを接続可能に構成される。クラッチドラム(6)には、リングギア(32)と、後進ブレーキ(5)におけるリングギア(32)側のドライブプレート(52)と、前進クラッチ(4)におけるリングギア(32)側のドリブンプレート(41)とが、スプライン嵌合している。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報