処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020084843 - ファイバ構造体、パルスレーザ装置、スーパーコンティニューム光源、及びファイバ構造体の製造方法

公開番号 WO/2020/084843
公開日 30.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/027586
国際出願日 11.07.2019
IPC
G02B 6/26 2006.01
G物理学
02光学
B光学要素,光学系,または光学装置
6ライトガイド;ライトガイドおよびその他の光素子,例.カップリング,からなる装置の構造的細部
24ライトガイドのための結合
26光学的結合手段
G02B 6/38 2006.01
G物理学
02光学
B光学要素,光学系,または光学装置
6ライトガイド;ライトガイドおよびその他の光素子,例.カップリング,からなる装置の構造的細部
24ライトガイドのための結合
36機械的結合手段
38ファイバとファイバを突き合わせる手段を有するもの
G02F 1/365 2006.01
G物理学
02光学
F光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
35非線型光学
365光導波路構造のもの
H01S 3/067 2006.01
H電気
01基本的電気素子
S光を増幅または生成するために,放射の誘導放出による光増幅を用いた装置;光領域以外の電磁放射の誘導放出を用いた装置
3レーザ,すなわち赤外線,可視光または紫外線領域での電磁放射の誘導放出を用いた装置
05光学的な共振器の構造または形状;活性媒質の調整;活性媒質の形状
06活性媒質の構造または形状
063導波路型レーザ,例.レーザ増幅器
067ファイバ型レーザ
H01S 3/10 2006.01
H電気
01基本的電気素子
S光を増幅または生成するために,放射の誘導放出による光増幅を用いた装置;光領域以外の電磁放射の誘導放出を用いた装置
3レーザ,すなわち赤外線,可視光または紫外線領域での電磁放射の誘導放出を用いた装置
10放出された放射線の強度,周波数,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲート,変調または復調
出願人
  • 浜松ホトニクス株式会社 HAMAMATSU PHOTONICS K.K. [JP]/[JP]
発明者
  • 掛井 良太 KAKEI Ryota
  • 加藤 伸 KATO Shin
  • 下牧 将 SHIMOMAKI Masaru
  • 福世 文嗣 FUKUYO Fumitsugu
  • 中澤 知哉 NAKAZAWA Tomoya
  • 松代 悠 MATSUSHIRO Yu
代理人
  • 長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki
  • 黒木 義樹 KUROKI Yoshiki
  • 柴山 健一 SHIBAYAMA Kenichi
優先権情報
2018-20225026.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FIBER STRUCTURE, PULSE LASER DEVICE, SUPERCONTINUUM LIGHT SOURCE, AND PRODUCTION METHOD FOR FIBER STRUCTURE
(FR) STRUCTURE DE FIBRE, DISPOSITIF DE LASER À IMPULSIONS, SOURCE DE LUMIÈRE À SUPERCONTINUUM ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE STRUCTURE DE FIBRE
(JA) ファイバ構造体、パルスレーザ装置、スーパーコンティニューム光源、及びファイバ構造体の製造方法
要約
(EN)
A fiber structure that comprises: first and second optical fibers that are arranged such that tip end parts thereof abut; and a sheet-shaped saturable absorber that is sandwiched between the tip end part of the first optical fiber and the tip end part of the second optical fiber. The tip end parts of the first and second optical fibers each have: a core; a cladding that is provided around the core; and a ferrule that is provided around the cladding. The tip end part of the first optical fiber has a protruding shape that protrudes to the tip end side. The saturable absorber has: an adhered portion that is at least adhered to the core of the first optical fiber; and a not-adhered portion that surrounds the adhered portion and is not adhered to the tip end part of the first optical fiber.
(FR)
L'invention concerne une structure de fibre qui comprend : une première et une seconde fibre optique qui sont agencées de telle sorte que leurs parties d'extrémité de pointe sont en butée ; et un absorbeur saturable stratiforme qui est pris en sandwich entre la partie d'extrémité de pointe de la première fibre optique et la partie d'extrémité de pointe de la seconde fibre optique. Les parties d'extrémité de pointe de la première et de la seconde fibre optique comprennent chacune : une âme ; une gaine qui est disposée autour de l'âme ; et une ferrule qui est disposée autour de la gaine. La partie d'extrémité de pointe de la première fibre optique a une forme saillante qui fait saillie vers le côté d'extrémité de pointe. L'absorbeur saturable comprend : une partie collée qui est au moins collée à l'âme de la première fibre optique ; et une partie non collée qui entoure la partie collée et qui n'est pas collée à la partie d'extrémité de pointe de la première fibre optique.
(JA)
ファイバ構造体は、先端部同士が互いに突き合うように配置された第1及び第2光ファイバと、第1光ファイバの先端部と第2光ファイバの先端部とに挟まれたシート状の可飽和吸収体と、を備え、第1光ファイバ及び第2光ファイバのそれぞれの先端部は、コア、コアの周囲に設けられたクラッド、及び、クラッドの周囲に設けられたフェルールを有し、第1光ファイバの先端部は、先端側に凸の凸形状を呈し、可飽和吸収体は、第1光ファイバのコアに対して少なくとも密着している密着部分、及び、密着部分の周囲に存在し且つ第1光ファイバの先端部に対して密着していない非密着部分を有している。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報