処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020084830 - 空気入りタイヤ

公開番号 WO/2020/084830
公開日 30.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/024161
国際出願日 18.06.2019
IPC
B60C 9/18 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9空気タイヤの補強またはプライ配列
18ベルトまたはブレーカー,頂部の補強または緩衝層の構造または配列
B60C 9/08 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9空気タイヤの補強またはプライ配列
02骨組みカーカス
04実質的に平行に配列された各カーカスプライの補強コード
08コードがビードからビードへの横断方向に延びるもの,すなわちラジアルプライ
B60C 11/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
11タイヤのトレッドバンド;トレッドの模様;滑り止め用そう入物
出願人
  • 横浜ゴム株式会社 THE YOKOHAMA RUBBER CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 元満 隆昌 MOTOMITSU, Takamasa
代理人
  • 特許業務法人酒井国際特許事務所 SAKAI INTERNATIONAL PATENT OFFICE
優先権情報
2018-19937223.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PNEUMATIC TIRE
(FR) PNEUMATIQUE
(JA) 空気入りタイヤ
要約
(EN)
This pneumatic tire 1 comprises: a carcass layer 13; a belt layer 14 arranged outside the carcass layer 13 in the radial direction; and a tread rubber arranged outside the belt layer 14 in the radial direction. The carcass layer 13 has a cord angle of from 80 [deg] to 100 [deg]. The belt layer 14 is made by layering: a first reinforcement belt 141; a second reinforcement belt 142 having a narrower width than the first reinforcement belt 141; and an auxiliary belt 145 that is separated from the tire equatorial plane CL and that is arranged between the carcass layer 13 and the first reinforcement belt 141. The first reinforcement belt 141 and the second reinforcement belt 142 have a cord angle of from 11 [deg] to 30 [deg], and the auxiliary belt has a cord angle of from 55 [deg] to 70 [deg].
(FR)
Pneumatique (1) qui comprend : une couche de carcasse (13); une couche de ceinture (14) disposée à l'extérieur de la couche de carcasse (13) dans la direction radiale; et un croissant pour rechapage disposé à l'extérieur de la couche de ceinture (14) dans la direction radiale. La couche de carcasse (13) présente un angle de cordon de 80°à 100°. La couche de ceinture (14) est réalisée par stratification : d'une première ceinture de renfort (141); d'une seconde ceinture de renfort (142) ayant une largeur plus étroite que la première ceinture de renfort (141); et d'une ceinture auxiliaire (145) qui est séparée du plan équatorial de pneumatique CL et qui est disposée entre la couche de carcasse (13) et la première ceinture de renfort (141). La première ceinture de renfort (141) et la seconde ceinture de renfort (142) ont un angle des nappes de 11° à 30°, et la ceinture auxiliaire a un angle de cordon de 55° à 70°.
(JA)
この空気入りタイヤ1は、カーカス層13と、カーカス層13の径方向外側に配置されたベルト層14と、ベルト層14の径方向外側に配置されたトレッドゴムとを備える。また、カーカス層13が、80[deg]以上100[deg]以下のコード角度を有する。また、ベルト層14が、第一補強ベルト141と、第一補強ベルト141よりも幅狭な第二補強ベルト142と、タイヤ赤道面CLから離間すると共にカーカス層13および第一補強ベルト141の間に配置された補助ベルト145とを積層して成る。また、第一補強ベルト141および第二補強ベルト142が、11[deg]以上30[deg]以下のコード角度を有し、補助ベルトが、55[deg]以上70[deg]以下のコード角度を有する。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報