処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020080506 - 容器詰飲料

公開番号 WO/2020/080506
公開日 23.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/041014
国際出願日 18.10.2019
IPC
A23F 3/16 2006.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
Fコーヒー;茶:それらの代用品;それらの製造,調製または煎出
3茶;茶の代用品;それらの調製品
16茶の抽出;茶抽出物;茶抽出物の処理;インスタント茶の製造
A23L 2/00 2006.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
LA21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調製
A23L 2/38 2006.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
LA21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調製
38その他の非アルコール飲料
出願人
  • サントリーホールディングス株式会社 SUNTORY HOLDINGS LIMITED [JP]/[JP]
発明者
  • 中田 亜紀 NAKATA, Aki
  • 松林 秀貴 MATSUBAYASHI, Hideki
代理人
  • 小野 新次郎 ONO, Shinjiro
  • 山本 修 YAMAMOTO, Osamu
  • 宮前 徹 MIYAMAE, Toru
  • 中西 基晴 NAKANISHI, Motoharu
  • 武田 健志 TAKEDA, Kenji
優先権情報
2018-19789319.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PACKAGED BEVERAGE
(FR) BOISSON CONDITIONNÉE
(JA) 容器詰飲料
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing a packaged beverage in which unpleasant tastes derived from an olive extract are suppressed. This packaged beverage is produced by, with respect to the beverage, (i) adjusting the content of hydroxytyrosol to 0.8-6 mg/100ml, (ii) adding a tea extract such that the content of non-polymerized catechins is 1-100 mg/100ml, and (iii) adding an ascorbic acid such that the content thereof is 5-80 mg/100ml.
(FR)
La présente invention aborde le problème de la fourniture d'une boisson conditionnée dans laquelle des goûts désagréables dérivés d'un extrait d'olive sont supprimés. Cette boisson conditionnée est produite, par rapport à la boisson, par (i) l'ajustement de la teneur en hydroxytyrosol à 0,8-6 mg/100 ml, (ii) l'ajout d'un extrait de thé de telle sorte que la teneur en catéchines non polymérisées est de 1-100 mg/100 ml, et (iii) l'ajout d'un acide ascorbique de telle sorte que sa teneur est de 5-80 mg/100 ml.
(JA)
本発明の課題は、オリーブ抽出物由来の雑味の抑制された容器詰飲料を提供することにある。 飲料に対し、(i)ヒドロキシチロソールの含有量を0.8~6mg/100mlに調整し、(ii)非重合カテキン類の含有量が1~100mg/100mlとなるよう茶抽出物を配合し、(iii)5~80mg/100mlの含有量となるようアスコルビン酸を配合し、容器詰飲料を製造する。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報