処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020080483 - ポリプロピレンフィルム、および離型用フィルム

公開番号 WO/2020/080483
公開日 23.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/040959
国際出願日 17.10.2019
IPC
C08J 5/18 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5高分子物質を含む成形品の製造
18フイルムまたはシートの製造
B29C 55/12 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
55延伸による成形,例.ダイを通して引き抜くもの;そのための装置
02板またはシートの
10多軸延伸
12二軸延伸
B32B 27/32 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
32ポリオレフインからなるもの
出願人
  • 東レ株式会社 TORAY INDUSTRIES, INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 中西 佑太 NAKANISHI, Yuta
  • 岡田 一馬 OKADA, Kazuma
  • 大倉 正寿 OHKURA, Masatoshi
  • 山中 康平 YAMANAKA, Kohei
代理人
  • 特許業務法人酒井国際特許事務所 SAKAI INTERNATIONAL PATENT OFFICE
優先権情報
2018-19650418.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) POLYPROPYLENE FILM AND RELEASE FILM
(FR) FILM DE POLYPROPYLÈNE ET FILM ANTI-ADHÉSIF
(JA) ポリプロピレンフィルム、および離型用フィルム
要約
(EN)
Provided is a polypropylene film having excellent high-temperature heat-shrinkability, film flatness at high temperature, and quality. This polypropylene film has a heat-shrinkage of 4-30% after treatment at 130 ˚C for 15 minutes in a main shrinkage direction, and a melting peak temperature of 155 ˚C or higher when elevating the temperature from 30 ˚C to 260 ˚C at 20 ˚C/minute in a differential scanning calorimeter DSC.
(FR)
L'invention concerne un film de polypropylène présentant d'excellentes propriétés de thermorétractabilité à haute température, de planéité de film à haute température et de qualité. Ce film de polypropylène présente un retrait thermique de 4 à 30 % après traitement à 130 °C pendant 15 minutes dans une direction de retrait principale, et une température de pic de fusion supérieur ou égal à 155 °C lors de l'élévation de la température de 30 °C à 260 °C à 20 °C/minute dans un calorimètre différentiel à balayage (DSC).
(JA)
高温熱収縮性、高温でのフィルムの平面性及び品位に優れたポリプロピレンフィルムを提供すること。主収縮方向の130℃、15分間処理後の熱収縮率が4%以上、30%以下であり、示差走査熱量計DSCで30℃から260℃まで20℃/分で昇温した際に、155℃以上に融解ピーク温度を有する、ポリプロピレンフィルムとする。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報