処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020080467 - ムコン酸産生形質転換微生物及びその利用

公開番号 WO/2020/080467
公開日 23.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/040908
国際出願日 17.10.2019
予備審査請求日 16.03.2020
IPC
C12N 1/21 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
20細菌;そのための培地
21外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12P 7/42 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7酸素原子を含む有機化合物の製造
40カルボキシル基を含むもの
42ヒドロキシカルボン酸
C12P 7/44 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7酸素原子を含む有機化合物の製造
40カルボキシル基を含むもの
44ポリカルボン酸
C12N 15/53 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
53酸化還元酵素(1)
C12N 15/54 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
54転移酵素(2)
C12N 15/60 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
60付加酵素(4)
出願人
  • 国立大学法人弘前大学 HIROSAKI UNIVERSITY [JP]/[JP]
  • 国立大学法人長岡技術科学大学 NAGAOKA UNIVERSITY OF TECHNOLOGY [JP]/[JP]
発明者
  • 園木 和典 SONOKI, Tomonori
  • 政井 英司 MASAI, Eiji
  • 上村 直史 KAMIMURA, Naofumi
代理人
  • 森本 敏明 MORIMOTO, Toshiaki
優先権情報
2018-19600117.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MUCONIC ACID-PRODUCING TRANSFORMED MICROORGANISM AND USE THEREOF
(FR) MICRO-ORGANISME TRANSFORMÉ PRODUISANT DE L'ACIDE MUCONIQUE ET SON UTILISATION
(JA) ムコン酸産生形質転換微生物及びその利用
要約
(EN)
The purpose of the present invention is to provide: a microorganism that allows production of muconic acid from a lignin-derived aromatic compound at low cost and irrespective of the type of lignin; and a method for producing muconic acid using the microorganism. The purpose is achieved by: a transformed microorganism obtained from a host microorganism that belongs to the genus Pseudomonas, that has the pcaH gene, pcaG gene, catA gene, and catB gene on the chromosome thereof, and that uses a syringyl lignin-derived aromatic compound, wherein the catB gene and at least one gene selected from the group consisting of the pcaH gene and the pcaG gene are deleted from the chromosome, and an inserted aroY gene is expressed; and a method for producing muconic acid using the transformed microorganism.
(FR)
Le but de la présente invention est de fournir un micro-organisme qui permet la production d'acide muconique à partir d'un composé aromatique dérivé de lignine de façon peu onéreuse et quel que soit le type de lignine; et un procédé de production d'acide muconique à l'aide du micro-organisme. La solution selon l'invention porte sur un micro-organisme transformé obtenu à partir d'un micro-organisme hôte appartenant au genre Pseudomonas, ayant le gène pcaH , le gène pcaG, le gène catA et le gène catB sur son chromosome, et utilisant un composé aromatique syringyle dérivé de lignine , le gène catB et au moins un gène choisi dans le groupe constitué par le gène pcaH et le gène pcaG étant supprimés du chromosome , et un gène aroY inséré est exprimé; et un procédé de production d'acide muconique à l'aide du micro-organisme transformé.
(JA)
本発明の目的は、経済性が良好であり、かつ、リグニンの種類に依拠せずに、リグニン由来の芳香族化合物からムコン酸の製造を可能にする微生物及び該微生物を利用したムコン酸の製造方法を提供することにある。上記目的は、宿主微生物が染色体上にpcaH遺伝子、pcaG遺伝子、catA遺伝子及びcatB遺伝子を有し、かつ、シリンギルリグニン由来の芳香族化合物を資化するシュードモナス(Pseudomonas)属微生物であり、染色体上にある該pcaH遺伝子及び該pcaG遺伝子からなる群から選ばれる少なくとも1種の遺伝子及び該catB遺伝子が欠失しており、かつ、挿入されたaroY遺伝子を発現する、形質転換微生物及び該形質転換微生物を用いたムコン酸の製造方法などにより解決される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報