処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020080393 - 繊維状セルロース、繊維状セルロース分散液及び繊維状セルロースの製造方法

公開番号 WO/2020/080393
公開日 23.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/040635
国際出願日 16.10.2019
IPC
C08B 15/08 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
B多糖類;その誘導体
15他のセルロース誘導体または変性セルロースの製造
08セルロースの分別,例.セルロース結晶の分離
C08B 5/00 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
B多糖類;その誘導体
5セルロース無機酸エステルの製造
C09D 101/16 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
101セルロース,変性セルロースまたはセルロース誘導体に基づくコーティング組成物
08セルロース誘導体
16無機酸のエステル
D21H 11/18 2006.01
D繊維;紙
21製紙;セルロースの製造
Hパルプ組成物;サブクラスD21C,D21Dに包含されないその製造;紙の含浸またはコーティング;クラスB31またはサブクラスD21Gに包含されない完成紙の処理;他に分類されない紙
11パルプまたは紙で,天然のセルロースまたはリグノセルロース繊維を含むもの
16特殊な後処理によって変性したもの
18高度に水和,膨潤,またはフィブリル化可能な繊維
出願人
  • 王子ホールディングス株式会社 OJI HOLDINGS CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 田中 瑛大 TANAKA Akihiro
  • 伏見 速雄 FUSHIMI Hayato
代理人
  • 特許業務法人特許事務所サイクス SIKS & CO.
優先権情報
2018-19531116.10.2018JP
2019-06119127.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FIBROUS CELLULOSE, FIBROUS CELLULOSE DISPERSION, AND PRODUCTION METHOD FOR FIBROUS CELLULOSE
(FR) CELLULOSE FIBREUSE, DISPERSION DE CELLULOSE FIBREUSE, ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE CELLULOSE FIBREUSE
(JA) 繊維状セルロース、繊維状セルロース分散液及び繊維状セルロースの製造方法
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing fine fibrous cellulose which can exhibit excellent coating suitability when added to a coating material. The present invention pertains to fibrous cellulose which has a fiber width of 1000 nm or less, and which exhibits, when the fibrous cellulose is dispersed in water to form a dispersion having a viscosity of 2500 mPa·s at 23°C and the dispersion is stirred under predetermined stirring conditions, a viscosity change rate within ±50% as calculated by formula: viscosity change rate (%) = (viscosity after stirring - viscosity before stirring) / viscosity before stirring × 100.
(FR)
La présente invention aborde le problème consistant à fournir de la cellulose fibreuse fine qui peut présenter une excellente aptitude au revêtement lorsqu'elle est ajoutée à un matériau de revêtement. La présente invention concerne de la cellulose fibreuse qui présente une largeur de fibre inférieure ou égale à 1 000 nm, et qui présente, lorsque la cellulose fibreuse est dispersée dans de l'eau pour former une dispersion ayant une viscosité de 2 500 mPa·s à 23 °C et la dispersion est agitée dans des conditions d'agitation prédéfinies, un taux de variation de viscosité à ± 50 % tel que calculé par la formule : taux de variation de viscosité (%) = (viscosité après agitation - viscosité avant agitation) / viscosité avant agitation × 100.
(JA)
本発明は、塗料に添加した際に、優れた塗工適性を発揮し得る微細繊維状セルロースを提供することを課題とする。本発明は、繊維幅が1000nm以下の繊維状セルロースであって、繊維状セルロースを水に分散させて、23℃における粘度が2500mPa・sの分散液とし、分散液を所定の撹拌条件で撹拌した場合、以下の式で算出される粘度変化率が±50%以内となる繊維状セルロースに関する。 粘度変化率(%)=(撹拌後の粘度-撹拌前の粘度)/撹拌前の粘度×100
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報