処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020080363 - 磁気ディスク用アルミニウム合金板及びその製造方法、ならびに、当該磁気ディスク用アルミニウム合金板を用いた磁気ディスク

公開番号 WO/2020/080363
公開日 23.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/040500
国際出願日 15.10.2019
IPC
G11B 5/73 2006.01
G物理学
11情報記憶
B記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
5記録担体の磁化または減磁による記録;磁気的手段による再生;そのための記録担体
62材料の選択によって特徴づけられる記録担体
73ベース層によって特徴づけられるもの
C22C 21/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
21アルミニウム基合金
C22F 1/04 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
04アルミニウムまたはアルミニウム基合金
G11B 5/65 2006.01
G物理学
11情報記憶
B記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
5記録担体の磁化または減磁による記録;磁気的手段による再生;そのための記録担体
62材料の選択によって特徴づけられる記録担体
64結合材料をもたない磁性材料のみからなるもの
65構造によって特徴づけられるもの
G11B 5/82 2006.01
G物理学
11情報記憶
B記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
5記録担体の磁化または減磁による記録;磁気的手段による再生;そのための記録担体
74形状によって特徴づけられた記録担体,例.ドラムの周りに巻き付けられるように形成されたシート
82ディスク状担体
G11B 5/84 2006.01
G物理学
11情報記憶
B記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
5記録担体の磁化または減磁による記録;磁気的手段による再生;そのための記録担体
84記録担体の製造に特に適合する方法または装置
出願人
  • 株式会社UACJ UACJ CORPORATION [JP]/[JP]
  • 古河電気工業株式会社 FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 北脇 高太郎 KITAWAKI Kotaro
  • 五十嵐 悠 IGARASHI Yu
  • 神谷 京佑 KAMIYA Kyosuke
  • 松居 悠 MATSUI Yu
  • 米光 誠 YONEMITSU Makoto
  • 坂本 遼 SAKAMOTO Ryo
  • 畠山 英之 HATAKEYAMA Hideyuki
  • 太田 裕己 OTA Hiroki
代理人
  • 木村 満 KIMURA MITSURU
優先権情報
2018-19447715.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ALUMINUM ALLOY PLATE FOR MAGNETIC DISK, METHOD FOR MANUFACTURING SAME, AND MAGNETIC DISK USING SAME
(FR) PLAQUE D'ALLIAGE D'ALUMINIUM POUR DISQUE MAGNÉTIQUE, SON PROCÉDÉ DE FABRICATION, ET DISQUE MAGNÉTIQUE L'UTILISANT
(JA) 磁気ディスク用アルミニウム合金板及びその製造方法、ならびに、当該磁気ディスク用アルミニウム合金板を用いた磁気ディスク
要約
(EN)
Provided are an aluminum alloy plate for a magnetic disk, a method for manufacturing same, and a magnetic disk using same. The aluminum alloy plate is made of an aluminum alloy composed of 0.10-3.00 mass% of Fe, 0.003-1.000 mass% of Cu, and 0.005-1.000 mass% of Zn, with the remainder comprising Al and inevitable impurities, and is characterized in that the difference between the area percentages (%) of second-phase particles in region (A) and region (B) divided by the average value of the area percentages (%) of the second particles in region (A) and region (B) is 0.05 or less, where region (A) is a region from a plane centered in the thickness direction of the plate to the front surface of the plate, and region (B) is a region from the plane centered in the thickness direction of the plate to the back surface of the plate.
(FR)
L'invention concerne une plaque d'alliage d'aluminium pour un disque magnétique, son procédé de fabrication, et un disque magnétique l'utilisant. La plaque d'alliage d'aluminium est constituée d'un alliage d'aluminium composé de 0,10 à 3,00 % en masse de Fe, de 0,003 à 1,000 % en masse de Cu, et de 0,005 à 1,000 % en masse de Zn, le reste comprenant de l'Al et des impuretés inévitables, et est caractérisée en ce que la différence entre les pourcentages de surface (%) de particules de seconde phase dans la région (A) et la région (B) divisée par la valeur moyenne des pourcentages (%) en surface des secondes particules dans la région (A) et la région (B) étant de 0,05 ou moins, la région (A) étant une région à partir d'un plan centré dans la direction d'épaisseur de la plaque jusqu'à la surface avant de la plaque, et la région (B) étant une région à partir du plan centré dans la direction d'épaisseur de la plaque jusqu'à la surface arrière de la plaque.
(JA)
Fe:0.10~3.00mass%、Cu:0.003~1.000mass%、Zn:0.005~1.000mass%を含有し、残部Al及び不可避的不純物からなるアルミニウム合金からなり、板厚中心面から板の表面までの領域を領域(A)とし、板厚中心面から板の裏面までの領域を領域(B)とし、領域(A)と領域(B)とにおける第二相粒子の面積率(%)の差を、領域(A)と領域(B)との第二相粒子の面積率(%)の平均値で除したものが0.50以下であることを特徴とする磁気ディスク用アルミニウム合金板及びその製造方法、ならびに、これを用いた磁気ディスク。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報