処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020080149 - 難燃性フェノール樹脂組成物及びそれから得られた難燃材料

公開番号 WO/2020/080149
公開日 23.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/039326
国際出願日 04.10.2019
IPC
C08L 61/08 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
61アルデヒドまたはケトンの縮重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
04アルデヒドまたはケトンとフェノールのみとの縮重合体
06アルデヒドとフェノールとの
081価フェノールとの
C08J 9/04 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
9多孔性または海綿状の物品または物質にするための高分子物質の処理;その後処理
04予め添加された発泡剤によって発生するガスを使用するもの
C08K 5/01 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5有機配合成分の使用
01炭化水素
C08K 5/02 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5有機配合成分の使用
02ハロゲン化炭化水素
C08K 9/04 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
9前処理された配合成分の使用
04有機物質で処理された配合成分
出願人
  • 旭有機材株式会社 ASAHI YUKIZAI CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 山田 修司 YAMADA, Shuji
代理人
  • 中島 三千雄 NAKASHIMA, Michio
  • 中島 正博 NAKASHIMA, Masahiro
優先権情報
2018-19484316.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FLAME-RETARDANT PHENOLIC-RESIN COMPOSITION AND FLAME-RETARDANT MATERIAL OBTAINED THEREFROM
(FR) COMPOSITION DE RÉSINE PHÉNOLIQUE IGNIFUGE ET MATÉRIAU IGNIFUGE OBTENU À PARTIR DE CELLE-CI
(JA) 難燃性フェノール樹脂組成物及びそれから得られた難燃材料
要約
(EN)
Provided is a flame-retardant phenolic-resin composition which solves problems caused by incorporating ammonium polyphosphate, which can impart a high degree of flame retardancy, into phenolic-resin compositions containing a resole-type phenolic resin as an essential component and which can advantageously give flame-retardant materials according to the Building Standards Law of Japan. The flame-retardant phenolic-resin composition is a phenolic-resin composition which comprises a resole-type phenolic resin and an acid hardener and further contains a flame retardant at least including an ammonium polyphosphate powder having a surface-coating layer.
(FR)
L'invention concerne une composition de résine phénolique ignifuge qui résout les problèmes provoqués par l'incorporation de polyphosphate d'ammonium, qui peut conférer un degré élevé d'ininflammabilité, dans des compositions de résine phénolique contenant une résine phénolique de type résol utilisée comme constituant essentiel et qui peut donner avantageusement des matériaux ignifuges conformément à la loi sur les normes de construction du Japon. La composition de résine phénolique ignifuge est une composition de résine phénolique qui comprend une résine phénolique de type résol et un durcisseur acide et qui contient en outre un agent ignifuge comprenant au moins une poudre de polyphosphate d'ammonium comportant une couche de revêtement de surface.
(JA)
レゾール型フェノール樹脂を必須成分として含有するフェノール樹脂組成物に対して、高度の難燃性を付与し得るポリリン酸アンモニウムを配合せしめた場合における問題を解消して、我国の建築基準法にて規定される難燃材料を有利に形成することの出来る、難燃性フェノール樹脂組成物を提供する。 フェノール樹脂組成物において、レゾール型フェノール樹脂及び酸硬化剤と共に、難燃剤として、表面コーティング層を有するポリリン酸アンモニウム粉末を、少なくとも含有せしめることとした。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報