処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020079993 - 抗精神病薬及びその用途

公開番号 WO/2020/079993
公開日 23.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/035488
国際出願日 10.09.2019
IPC
A61K 45/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45A61K31/00~A61K41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
A61K 31/551 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
557員環を持つもの,例.アゼラスチン,ペンチレンテトラゾール
551環異種原子として2個の窒素原子を持つもの,例.クロザピン,ジラゼプ
A61P 25/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25神経系疾患の治療薬
A61P 25/18 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25神経系疾患の治療薬
18抗精神病剤,例.トランキライザー,そう病,精神分裂病治療剤
A61P 25/24 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25神経系疾患の治療薬
24抗うつ薬
A61P 43/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43グループA61P1/00~A61P41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
出願人
  • 国立大学法人名古屋大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION NAGOYA UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 尾崎 紀夫 OZAKI Norio
  • 山田 清文 YAMADA Kiyofumi
  • 永井 拓 NAGAI Taku
  • 森 大輔 MORI Daisuke
  • 有岡 祐子 ARIOKA Yuko
  • 久島 周 KUSHIMA Itaru
代理人
  • 萩野 幹治 HAGINO Mikiharu
優先権情報
2018-19468215.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ANTIPSYCHOTIC AND USE THEREOF
(FR) ANTIPSYCHOTIQUE ET UTILISATION ASSOCIÉE
(JA) 抗精神病薬及びその用途
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing a novel therapeutic drug for mental illness with abnormal neurodevelopment. Provided is an antipsychotic containing a Rho kinase inhibitor as an active ingredient. The antipsychotic can be utilized, for example, in the treatment of schizophrenia, autism spectrum disorders, bipolar disorder, or depression.
(FR)
La présente invention aborde le problème consistant à fournir un nouveau médicament thérapeutique contre un trouble mental avec un neurodéveloppement anormal. L'invention concerne un antipsychotique contenant un inhibiteur de Rho kinase utilisé comme principe actif. L'antipsychotique peut être utilisé, par exemple, dans le traitement de la schizophrénie, de troubles du spectre autistique, du trouble bipolaire ou de la dépression.
(JA)
神経発達の異常を病態とした精神疾患に対する新規治療薬を提供することを課題とする。Rhoキナーゼ阻害剤を有効成分として含有する抗精神病薬が提供される。当該抗精神病薬は、例えば、統合失調症、自閉スペクトラム症、双極性障害又はうつ病の治療に利用され得る。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報