処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020079799 - 付加製造加工機および冷却方法

公開番号 WO/2020/079799
公開日 23.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2018/038825
国際出願日 18.10.2018
IPC
B23K 26/70 2014.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
70補助作業または器具
B23K 26/34 2014.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
34接合以外を目的としたレーザー溶接
B33Y 10/00 2015.01
B処理操作;運輸
33付加製造技術
Y付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物質の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
10付加製造の工程
B33Y 30/00 2015.01
B処理操作;運輸
33付加製造技術
Y付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物質の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
30付加製造の装置;それらの詳細またはそれらのための付属品
出願人
  • 三菱電機株式会社 MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 田村 正佳 TAMURA, Masayoshi
  • 堀口 剛義 HORIGUCHI, Takayoshi
  • 堀尾 一哉 HORIO, Kazuya
代理人
  • 高村 順 TAKAMURA, Jun
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ADDITIVE MANUFACTURING MACHINE AND COOLING METHOD
(FR) MACHINE DE FABRICATION ADDITIVE ET PROCÉDÉ DE REFROIDISSEMENT
(JA) 付加製造加工機および冷却方法
要約
(EN)
The present invention is provided with a laser emission part (10) for emitting laser light, a material supply part (43) for supplying a molten material melted by the laser light to the optical path of the laser light, and a workpiece retaining part capable of retaining a workpiece in which a formed object is formed by the molten material. The workpiece retaining part has a first plate, a second plate provided closer to the laser emission part (10) than the first plate, and a plurality of fins interposed between the first plate and the second plate, and the thermal conductivity of the first plate is equal to or less than the thermal conductivity of the second plate and the fins.
(FR)
La présente invention comporte une partie d'émission de laser (10) destinée à émettre une lumière laser, une partie d'alimentation en matériau (43) destinée à acheminer un matériau en fusion fondu par la lumière laser dans le trajet optique de la lumière laser, et une partie de retenue de pièce ouvrée apte à retenir une pièce ouvrée dans laquelle un objet formé est formé par le matériau en fusion. La partie de retenue de pièce ouvrée comprend une première plaque, une deuxième plaque disposée plus près de la partie d'émission laser (10) que la première plaque, et une pluralité d'ailettes interposées entre la première plaque et la deuxième plaque, et la conductivité thermique de la première plaque est égale ou inférieure à la conductivité thermique de la deuxième plaque et des ailettes.
(JA)
本発明は、レーザー光を射出するレーザー射出部(10)と、レーザー光で溶融させる溶融材料をレーザー光の光路に供給する材料供給部(43)と、溶融材料により造形物が造形されるワークを保持可能なワーク保持部と、を備える。ワーク保持部は、第1の板と、第1の板よりもレーザー射出部(10)側に設けられた第2の板と、第1の板と第2の板とに挟み込まれた複数のフィンと、を有し、第1の板の熱伝導率は、第2の板およびフィンの低熱伝導率以下である。
他の公開
EP2018900562
国際事務局に記録されている最新の書誌情報