処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020067418 - アデノ随伴ウイルスのカプシドタンパク質の製造方法及びその利用

公開番号 WO/2020/067418
公開日 02.04.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/038137
国際出願日 27.09.2019
IPC
C12P 21/02 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21ペプチドまたは蛋白質の製造
022以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
C07K 1/22 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
Kペプチド
1ペプチドの製造のための一般方法
14抽出;分離;精製
16クロマトグラフィーによるもの
22アフィニティー・クロマトグラフィー,または選択的吸着プロセスに基づく関連技術
C07K 14/015 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
Kペプチド
1421個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
005ウイルスから
01DNAウイルス
015パルボウイルス科,例.ネコ汎全白血球減少症ウイルス,ヒトパルボウィルス
C07K 16/08 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
Kペプチド
16免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
08ウイルスからの物質に対するもの
C07K 17/02 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
Kペプチド
17担体結合または固定化されたペプチド;その調製
02有機担体上または内部に固定化されたペプチド
C12N 5/0781 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07動物細胞または組織
071脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
078血液または免疫系からの細胞
0781B細胞;それらの前駆細胞
CPC
C07K 1/22
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
KPEPTIDES
1General methods for the preparation of peptides ; , i.e. processes for the organic chemical preparation of peptides or proteins of any length
14Extraction; Separation; Purification
16by chromatography
22Affinity chromatography or related techniques based upon selective absorption processes
C07K 14/015
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
KPEPTIDES
14Peptides having more than 20 amino acids; Gastrins; Somatostatins; Melanotropins; Derivatives thereof
005from viruses
01DNA viruses
015Parvoviridae, e.g. feline panleukopenia virus, human parvovirus
C07K 16/08
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
KPEPTIDES
16Immunoglobulins [IGs], e.g. monoclonal or polyclonal antibodies
08against material from viruses
C07K 17/02
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
KPEPTIDES
17Carrier-bound or immobilised peptides
02Peptides being immobilised on, or in, an organic carrier
C12P 21/02
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
PFERMENTATION OR ENZYME-USING PROCESSES TO SYNTHESISE A DESIRED CHEMICAL COMPOUND OR COMPOSITION OR TO SEPARATE OPTICAL ISOMERS FROM A RACEMIC MIXTURE
21Preparation of peptides or proteins
02having a known sequence of two or more amino acids, e.g. glutathione
出願人
  • 株式会社カネカ KANEKA CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 八浦 妃佐子 YAURA Hisako
  • 西八條 正克 NISHIHACHIJO Masakatsu
  • 平山 佑介 HIRAYAMA Yusuke
代理人
  • 特許業務法人特許事務所サイクス SIKS & CO.
優先権情報
2018-18441128.09.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING CAPSID PROTEIN OF ADENO-ASSOCIATED VIRUS, AND USE THEREOF
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE PROTÉINE DE CAPSIDE DE VIRUS ADÉNO-ASSOCIÉ ET UTILISATION ASSOCIÉE
(JA) アデノ随伴ウイルスのカプシドタンパク質の製造方法及びその利用
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing a method for producing adeno-associated viral capsid protein useful as an antigen for the production of anti-AAV antibodies. The present invention provides a method for producing adeno-associated viral capsid protein, comprising (a) a step of producing adeno-associated viral capsid protein in bacteria; (b) a step of recovering the protein as an insoluble protein; and (c) a step of solubilizing the recovered insoluble protein.
(FR)
La présente invention aborde le problème de la fourniture d'un procédé de production d'une protéine de capside de virus adéno-associé utile en tant qu'antigène pour la production d'anticorps anti-VAA. La présente invention concerne un procédé de production d'une protéine de capside de virus adéno-associé, comprenant (a) une étape de production d'une protéine de capside de virus adéno-associé dans des bactéries ; (b) une étape de récupération de la protéine en tant que protéine insoluble ; et (c) une étape de solubilisation de la protéine insoluble récupérée.
(JA)
本発明の課題は、抗AAV抗体を作製するための抗原として有用なアデノ随伴ウイルスのカプシドタンパク質を製造する方法を提供することである。本発明によれば、(a)アデノ随伴ウイルスのカプシドタンパク質を細菌において生産する工程、(b)前記タンパク質を不溶性タンパク質として回収する工程、及び(c)回収した不溶性タンパク質を可溶化する工程を含む、アデノ随伴ウイルスのカプシドタンパク質の製造方法が提供される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報