国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020013271) 抗肥満物質のスクリーニング方法及び抗肥満物質のスクリーニング用キット
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/013271 国際出願番号: PCT/JP2019/027480
国際公開日: 16.01.2020 国際出願日: 11.07.2019
IPC:
C12Q 1/6897 (2018.01) ,C12Q 1/02 (2006.01) ,C12Q 1/686 (2018.01) ,G01N 33/15 (2006.01) ,G01N 33/50 (2006.01) ,C12N 15/63 (2006.01)
[IPC code unknown for C12Q 1/6897]
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02
生きた微生物を含むもの
[IPC code unknown for C12Q 1/686]
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
15
医薬
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
63
ベクターを用いた外来遺伝物質の導入;ベクター;そのための宿主の使用;発現の制御
出願人:
学校法人東京理科大学 TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE FOUNDATION [JP/JP]; 東京都新宿区神楽坂一丁目3番地 1-3, Kagurazaka, Shinjuku-ku, Tokyo 1628601, JP
発明者:
樋上 賀一 HIGAMI Yoshikazu; JP
小林 正樹 KOBAYASHI Masaki; JP
成田 匠 NARITA Takumi; JP
瀧 加菜里 TAKI Kanari; JP
代理人:
正林 真之 SHOBAYASHI, Masayuki; JP
岸武 弘樹 KISHITAKE Hiroki; JP
優先権情報:
2018-13362713.07.2018JP
発明の名称: (EN) SCREENING METHOD FOR ANTI-OBESITY SUBSTANCE, AND KIT FOR SCREENING FOR ANTI-OBESITY SUBSTANCE
(FR) PROCÉDÉ DE CRIBLAGE POUR SUBSTANCE ANTI-OBÉSITÉ, ET KIT DE CRIBLAGE POUR SUBSTANCE ANTI-OBÉSITÉ
(JA) 抗肥満物質のスクリーニング方法及び抗肥満物質のスクリーニング用キット
要約:
(EN) Provided are: a screening method for an anti-obesity substance, the method including selecting a substance capable of increasing the expression of the Pgc-1α gene and the Mipep gene; and a kit for screening that is used in this screening method. During screening, the level of Pgc-1α gene and Mipep gene expression may be determined, and the level of reporter gene expression may be determined by reporter assay.
(FR) La présente invention concerne : un procédé de criblage pour une substance anti-obésité, le procédé comprenant la sélection d’une substance susceptible d’accroître l’expression du gène Pgc-1α et du gène Mipep ; et un kit de criblage qui est utilisé dans ce procédé de criblage. Durant le criblage, le niveau d’expression du gène Pgc-1α et Mipep peut être déterminé, et le niveau d’expression du gène rapporteur peut être déterminé par dosage du rapporteur.
(JA) Pgc-1α遺伝子及びMipep遺伝子の発現を亢進させる物質を選択することを含む抗肥満物質のスクリーニング方法、及びそのスクリーニング方法に用いられるスクリーニング用キットを提供する。スクリーニングに際しては、Pgc-1α遺伝子及びMipep遺伝子の発現量を測定してもよく、レポーターアッセイによりレポーター遺伝子の発現量を測定してもよい。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)