国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020013265) 高分子化合物及びそれを用いた細胞内化合物導入促進剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/013265 国際出願番号: PCT/JP2019/027455
国際公開日: 16.01.2020 国際出願日: 11.07.2019
IPC:
C08F 8/30 (2006.01) ,A61K 47/32 (2006.01) ,A61K 47/34 (2017.01) ,A61K 47/36 (2006.01) ,A61K 47/42 (2017.01) ,C07K 4/00 (2006.01) ,C07K 5/068 (2006.01) ,C07K 5/09 (2006.01) ,C07K 5/11 (2006.01) ,C07K 7/06 (2006.01) ,C08B 37/08 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
8
後処理による化学的変性
30
窒素原子または窒素含有基の導入
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
32
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られる高分子化合物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
34
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
36
多糖類;その誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
42
蛋白質;ポリペプチド;それらの分解生成物;それらの誘導体
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
4
不確定または一部分しか確定していない配列をもつ,20個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
5
確定された配列をもつ,4個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有するもの
06
ジペプチド
068
第一アミノ酸の側鎖がカルボキシル基よりも多くのアミノ基を含有しているもの,またはその誘導体,例.Lys,Arg
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
5
確定された配列をもつ,4個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有するもの
08
トリペプチド
09
第一アミノ酸の側鎖がカルボキシル基よりも多くのアミノ基を含有しているもの,またはその誘導体,例.Lys,Arg
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
5
確定された配列をもつ,4個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有するもの
10
テトラペプチド
11
第一アミノ酸の側鎖がカルボキシル基よりも多くのアミノ基を含有しているもの,またはその誘導体,例.Lys,Arg
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
7
確定された配列をもつ,5から20個のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有する鎖状ペプチド
06
アミノ酸を5から11個含有するもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
B
多糖類,その誘導体
37
グループ1/00から35/00に分類されない多糖類の製造;その誘導体(セルロースD21)
08
キチン;コンドロイチン硫酸エステル;ハイアルウロン酸;その誘導体
出願人:
学校法人常翔学園 JOSHO GAKUEN EDUCATIONAL FOUNDATION [JP/JP]; 大阪府大阪市旭区大宮五丁目16番1号 16-1, Omiya 5-chome, Asahi-ku, Osaka-shi, Osaka 5358585, JP
株式会社ADEKA ADEKA CORPORATION [JP/JP]; 東京都荒川区東尾久7丁目2番35号 2-35, Higashiogu 7-chome, Arakawa-ku, Tokyo 1168554, JP
発明者:
佐久間 信至 SAKUMA Shinji; JP
鵜川 真実 UKAWA Masami; JP
高日 俊輔 TAKAHI Shunsuke; JP
福島 一範 FUKUSHIMA Kazunori; JP
武藤 美音 MUTO Mio; JP
宮田 康平 MIYATA Kohei; JP
田崎 晃子 TASAKI Akiko; JP
松本 蛍 MATSUMOTO Hotaru; JP
代理人:
山口 健次郎 YAMAGUCHI Kenjiro; JP
森田 憲一 MORITA Kenichi; JP
優先権情報:
2018-13152911.07.2018JP
発明の名称: (EN) POLYMER COMPOUND AND PROMOTER FOR INTRODUCING COMPOUND INTO CELLS USING SAME
(FR) COMPOSÉ POLYMÈRE ET PROMOTEUR PERMETTANT D'INTRODUIRE UN COMPOSÉ DANS DES CELLULES FAISANT APPEL À CELUI-CI
(JA) 高分子化合物及びそれを用いた細胞内化合物導入促進剤
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a technology which is for promoting the permeation of drugs through a membrane and which has high versatility and higher safety. Said purpose can be achieved by this polymer compound having a molecular weight of at least 1,000 and a basic peptide that has a chain length of 2-6 and contains one or more arginines at the end of a side chain, and including 0.5-20 mmol/g of a guanidino group derived from arginine.
(FR) L'objet de la présente invention est de fournir une technologie qui est destinée à favoriser la perméation de médicaments à travers une membrane et qui présente une polyvalence élevée et une sécurité supérieure. Ledit objet peut être réalisé par ce composé polymère ayant une masse moléculaire relative d'au moins 1 000 et un peptide de base qui a une longueur de chaîne de 2 à 6 et contient une ou plusieurs arginines à l'extrémité d'une chaîne latérale, et comprenant de 0,5 à 20 mmol/g d'un groupe guanidino dérivé de l'arginine.
(JA) 本発明の目的は、汎用性が高く、より安全性の高い薬物の膜透過促進技術を提供することである。 前記課題は、本発明の分子量1000以上の高分子化合物であって、1個のアルギニン、又は1個以上のアルギニンを含む2~6鎖長の塩基性ペプチドを側鎖の末端に有し、そしてアルギニンに由来するグアニジノ基を0.5~20mmol/g含む前記高分子化合物によって解決することができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)