処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2020013245 - ビンブラスチンを増量させるためのニチニチソウの処理方法

公開番号 WO/2020/013245
公開日 16.01.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/027379
国際出願日 10.07.2019
IPC
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
G
園芸;野菜,花,稲,果樹,ぶどう,ホップ,海草の栽培;林業;灌水
7
植物の生態一般
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
21
照明
S
非携帯用の照明装置またはそのシステム
2
メイングループ4/00~10/00または19/00に分類されない照明装置のシステム,例.モジュール式構造のもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
47
キノリン;イソキノリン
475
インドール環を持つもの,例.ヨヒンビン,レセルピン),ストリキニン,ビンプラスチン(ビンカミン31/4375)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
185
モクレン網(双子葉植物)
24
キョウチクトウ科(バシクルモン科),例.プルメリアまたはツルニチソウ
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
127
葉を含有するものまたはこれから得られるもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
519
相互に,または共有している炭素環系を介して縮合した2個以上の関連する複素環からなる2個以上の系を含有し,453/00から455/00に属さない複素環式化合物
04
二量体インド―ルアルカロイド,例.ビンカロイコブラスチン
[IPC code unknown for F21Y 115/10]
[IPC code unknown for F21Y 115/30]
A01G 7/00 (2006.01)
F21S 2/00 (2016.01)
A61K 31/475 (2006.01)
A61K 36/24 (2006.01)
A61K 127/00 (2006.01)
A61P 35/00 (2006.01)
CPC
A01G 7/00
A61K 31/475
A61K 36/24
A61P 35/00
C07D 519/04
F21S 2/00
出願人
  • 学校法人玉川学園 TAMAGAWA ACADEMY (K-12) & UNIVERSITY [JP/JP]; 東京都町田市玉川学園6丁目1番1号 1-1, Tamagawagakuen 6-chome, Machida-shi, Tokyo 1948610, JP
  • 日亜化学工業株式会社 NICHIA CORPORATION [JP/JP]; 徳島県阿南市上中町岡491番地100 491-100, Oka, Kaminaka-cho, Anan-shi, Tokushima 7748601, JP
発明者
  • 大橋 敬子 OHASHI, Keiko; JP
  • 藤川 康夫 FUJIKAWA, Yasuo; JP
  • 鶴本 智大 TSURUMOTO, Tomohiro; JP
代理人
  • 野河 信太郎 NOGAWA, Shintaro; JP
  • 甲斐 伸二 KAI, Shinji; JP
  • 金子 裕輔 KANEKO, Yusuke; JP
  • 稲本 潔 INAMOTO, Kiyoshi; JP
  • 冨田 雅己 TOMITA, Masami; JP
  • 澄川 広司 SUMIKAWA, Hiroshi; JP
優先権情報
2018-13167711.07.2018JP
2019-00124308.01.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR TREATING CATHARANTHUS ROSEUS FOR INCREASING VINBLASTINE CONTENT
(FR) PROCÉDÉ DE TRAITEMENT DE CATHARANTHUS ROSEUS POUR AUGMENTER LA TENEUR EN VINBLASTINE
(JA) ビンブラスチンを増量させるためのニチニチソウの処理方法
要約
(EN)
To provide a method whereby the content of vinblastine in Catharanthus roseus can be effectively and efficiently increased. The present invention provides a method for treating C. roseus characterized by comprising irradiating the whole plant body of C. roseus or a part thereof including at least leaves with light in a wavelength range of 370 nm inclusive to 400 nm inclusive at a dose effective for increasing the content of vinblastine in the C. roseus while, during the irradiation period, controlling the irradiation dose of light in a wavelength range of 200 nm inclusive to 370 nm exclusive irradiated to the C. roseus to less than 20% of the irradiation dose of the aforesaid light in the wavelength range of 370 nm inclusive to 400 nm inclusive.
(FR)
La présente invention concerne un procédé permettant d'augmenter effectivement et efficacement la teneur en vinblastine dans Catharanthus roseus. La présente invention concerne un procédé de traitement de C. roseus caractérisé en ce qu'il comprend l'irradiation de l'ensemble du corps végétal de C. roseus ou d'une partie de celui-ci comprenant au moins des feuilles avec de la lumière dans une plage de longueur d'onde de 370 nm inclus à 400 nm inclus à une dose efficace pour augmenter la teneur en vinblastine dans C. roseus en régulant en même temps, pendant la période d'irradiation, la dose d'irradiation de lumière dans une plage de longueurs d'onde de 200 nm inclus à 370 nm exclus irradiée sur C. roseus à une valeur inférieure à 20 % de la dose d'irradiation de la lumière mentionnée ci-dessus dans la plage de longueurs d'onde de 370 nm inclus à 400 nm inclus.
(JA)
ニチニチソウ中のビンブラスチン量を効果的/効率的に増加させることのできる方法を提供すること。 本発明は、ニチニチソウの全体又は少なくとも葉部を含む部分に、370nm以上400nm以下の波長域の光を、該ニチニチソウ中のビンブラスチンを増量させるに効果的な量で照射する一方、該照射の間に該ニチニチソウに照射される200nm以上370nm未満の波長域の光の照射量を前記370nm以上400nm以下の波長域の光の照射量の20%未満とすることを特徴とするニチニチソウの処理方法を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報