処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2020013215 - 単離ナノシート及びその製造方法

公開番号 WO/2020/013215
公開日 16.01.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/027255
国際出願日 10.07.2019
IPC
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
65
高分子の主鎖にエーテル連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
02
複素環の開環による環状エーテルからの
32
化学的後処理により変性された重合体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
06
有機物質
08
酸素を含有するもの
12
カルボン酸;その塩または無水物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
06
有機物質
16
窒素を含有するもの
18
アミン;第四級アンモニウム化合物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
36
多糖類;その誘導体
40
シクロデキストリン;その誘導体
B 処理操作;運輸
82
ナノテクノロジー
Y
ナノ構造物の特定の使用または応用;ナノ構造物の測定または分析;ナノ構造物の製造または処理
5
ナノバイオテクノロジーまたはナノ医療,例.タンパク質工学またはドラッグデリバリー
B 処理操作;運輸
82
ナノテクノロジー
Y
ナノ構造物の特定の使用または応用;ナノ構造物の測定または分析;ナノ構造物の製造または処理
40
ナノ構造物の製造または処理
C08G 65/32 (2006.01)
A61K 47/12 (2006.01)
A61K 47/18 (2017.01)
A61K 47/40 (2006.01)
B82Y 5/00 (2011.01)
B82Y 40/00 (2011.01)
CPC
A61K 47/12
A61K 47/18
A61K 47/40
B82Y 40/00
B82Y 5/00
C08G 65/32
出願人
  • 国立大学法人 東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO [JP/JP]; 東京都文京区本郷七丁目3番1号 3-1, Hongo 7-chome, Bunkyo-ku, Tokyo 1138654, JP
発明者
  • 伊藤 耕三 ITO, Kohzo; JP
  • 前田 利菜 MAEDA, Rina; JP
  • 上沼 駿太郎 UENUMA, Shuntaro; JP
代理人
  • 紺野 昭男 KONNO, Akio; JP
  • 井波 実 INAMI, Minoru; JP
  • 伊藤 武泰 ITO, Takeyasu; JP
  • 田村 慶政 TAMURA, Yoshimasa; JP
優先権情報
2018-13158911.07.2018JP
2019-08006219.04.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SEPARABLE NANOSHEET AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) NANOFEUILLE SÉPARABLE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 単離ナノシート及びその製造方法
要約
(EN)
The present invention provides a separable nanosheet which comprises a plurality of pseudo-polyrotaxane structures and in which the structures are not adherent to each other and are easy to separate. The separable nanosheet of the present invention comprises a plurality of pseudo-polyrotaxane structures each comprising first cyclic molecules and a linear molecule piercing the cavities thereof to form a clathrate, wherein the linear molecules include, as part thereof, first linear molecules having an ionizing group which ionizes in water or an aqueous solution.
(FR)
La présente invention concerne une nanofeuille séparable qui comprend une pluralité de structures pseudo-polyrotaxanes et dans lesquelles les structures n'adhèrent pas l'une à l'autre et sont faciles à séparer. La nanofeuille séparable de la présente invention comprend une pluralité de structures pseudo-polyrotaxanes comprenant chacune de premières molécules cycliques et une molécule linéaire perçant leurs cavités pour former un clathrate, les molécules linéaires comprenant, comme faisant partie de celle-ci, de premières molécules linéaires ayant un groupe d'ionisation qui s'ionise dans l'eau ou en solution aqueuse.
(JA)
本発明は、擬ポリロタキサンを複数有して成るナノシートであって、各々が付着せず、容易に単離する単離ナノシートを提供する。本発明は、第1の環状分子の開口部が直鎖状分子によって串刺し状に包接されてなる擬ポリロタキサンを複数有して成る単離ナノシートであって、直鎖状分子は、その一部が、水又は水溶液中で電離する電離基を有する第1の直鎖状分子を有する単離ナノシートを提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報