国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020013210) 重荷重用空気入りタイヤ及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/013210 国際出願番号: PCT/JP2019/027235
国際公開日: 16.01.2020 国際出願日: 10.07.2019
IPC:
B60C 9/18 (2006.01) ,B29D 30/08 (2006.01) ,B60C 9/28 (2006.01) ,B60C 11/03 (2006.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9
空気タイヤの補強またはプライ配列
18
ベルトまたはブレーカー,頂部の補強または緩衝層の構造または配列
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
D
プラスチックまたは可塑状態の物質からの特定物品の製造
30
空気タイヤもしくは中実タイヤまたはその部品の製造
06
空気タイヤまたはその部品
08
タイヤの組立て
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9
空気タイヤの補強またはプライ配列
18
ベルトまたはブレーカー,頂部の補強または緩衝層の構造または配列
28
カーカスに対するベルトまたはブレーカーの寸法または曲率により特徴づけられるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
11
タイヤのトレッドバンド;トレッドの模様;滑り止め用そう入物
03
トレッド模様
出願人:
住友ゴム工業株式会社 SUMITOMO RUBBER INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 兵庫県神戸市中央区脇浜町3丁目6番9号 6-9, Wakinohama-cho 3-chome, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6510072, JP
発明者:
安宅 郁夫 ATAKE, Ikuo; JP
佐藤 華奈 SATO, Hana; JP
代理人:
特許業務法人サンクレスト国際特許事務所 SUNCREST PATENT AND TRADEMARK ATTORNEYS; 兵庫県神戸市中央区栄町通四丁目1番11号 1-11, Sakaemachidori 4-chome, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6500023, JP
優先権情報:
2018-13153911.07.2018JP
発明の名称: (EN) HEAVY-DUTY PNEUMATIC TIRE AND MANUFACTURING METHOD THEREOF
(FR) PNEUMATIQUE POUR POIDS LOURDS ET PROCÉDÉ DE FABRICATION ASSOCIÉ
(JA) 重荷重用空気入りタイヤ及びその製造方法
要約:
(EN) This tire 2 includes: a tread 4 in which at least three circumferential grooves 24 that extend continuously in a circumferential direction are carved; and a belt 14 that is located radially inside the tread 4. A ratio of a center stretch, represented by formula (2), at the central portion of the belt to a shoulder stretch, represented by formula (1), at an end portion of the belt is 1 to 3, and the shoulder stretch is 1% or greater. (1): (shoulder stretch) 100 × (Rsa - Rsb) / Rsb (2): (center stretch) 100 × (Rca - Rcb) / Rcb
(FR) Ce pneu (2) comprend : une bande de roulement (4) dans laquelle au moins trois rainures circonférentielles (24) qui s'étendent en continu dans une direction circonférentielle sont sculptées ; et une ceinture (14) qui est située radialement à l'intérieur de la bande de roulement (4). Un rapport entre un étirement central, représenté par la formule (2), au niveau de la partie centrale de la ceinture et un étirement d'épaulement, représenté par la formule (1), au niveau d'une partie d'extrémité de la ceinture est de 1 à 3, et l'étirement d'épaulement est supérieur ou égal à 1 %. (1) : (étirement d'épaulement) 100 × (Rsa - Rsb) / Rsb (2) : (étirement central) 100 × (Rca - Rcb) / Rcb
(JA) このタイヤ2は、周方向に連続して延びる周方向溝24が少なくとも3本刻まれたトレッド4と、前記トレッド4の径方向内側に位置するベルト14とを備える。前記ベルトの端部における、以下の式(1)で示されるショルダーストレッチに対する、当該ベルトの中心部における、以下の式(2)で示されるセンターストレッチの比が1以上3以下であり、前記ショルダーストレッチが1%以上である。 (ショルダーストレッチ) 100×(Rsa-Rsb)/Rsb ・・・(1) (センターストレッチ) 100×(Rca-Rcb)/Rcb ・・・(2)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)