国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020013163) ポリ乳酸共重合体及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/013163 国際出願番号: PCT/JP2019/027091
国際公開日: 16.01.2020 国際出願日: 09.07.2019
IPC:
C08G 63/46 (2006.01) ,C08G 63/78 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
63
高分子の主鎖にカルボン酸エステル連結基を形成する反応によって得られる高分子化合物
02
ヒドロキシカルボン酸からまたはポリカルボン酸およびポリヒドロキシ化合物から誘導されるポリエステル
12
ポリカルボン酸およびポリヒドロキシ化合物とから誘導されるもの
46
エステル化によって化学的に変性されたポリエステル
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
63
高分子の主鎖にカルボン酸エステル連結基を形成する反応によって得られる高分子化合物
78
製造法
出願人:
東洋製罐グループホールディングス株式会社 TOYO SEIKAN GROUP HOLDINGS, LTD. [JP/JP]; 東京都品川区東五反田2丁目18番1号 18-1, Higashi-Gotanda 2-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1418627, JP
発明者:
柴田 幸樹 SHIBATA, Kouki; JP
吉川 成志 YOSHIKAWA, Seishi; JP
片山 傳喜 KATAYAMA, Tsutaki; JP
代理人:
小野 尚純 ONO, Hisazumi; JP
奥貫 佐知子 OKUNUKI, Sachiko; JP
優先権情報:
2018-13066010.07.2018JP
発明の名称: (EN) POLYLACTIC ACID COPOLYMER AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) COPOLYMÈRE D'ACIDE POLYLACTIQUE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) ポリ乳酸共重合体及びその製造方法
要約:
(EN) The present invention provides a polylactic acid copolymer having improved hydrolyzability and hydrophilicity in comparison to polylactic acid. The present invention pertains to a polylactic acid copolymer obtained by copolymerizing polylactic acid and an acid-releasing ester polymer capable of releasing an acid other than lactic acid due to hydrolysis, wherein the polylactic acid copolymer is characterized in that the heat of fusion ΔH at the second temperature rise in DSC measurement is in the range of 20 J/g or lower, the content amount of copolymerized units derived from the acid-releasing ester polymer is 0.5-35% by mass, and the weight-average molecular weight of the copolymer is in the range of 15,000-40,000.
(FR) L'invention concerne un copolymère d'acide polylactique présentant une aptitude à l'hydrolyse et une hydrophilicité améliorées par rapport à l'acide polylactique. La présente invention concerne un copolymère d'acide polylactique obtenu par copolymérisation d'acide polylactique et d'un polymère d'ester de libération d'acide pouvant libérer un acide autre que l'acide lactique en raison de l'hydrolyse, le copolymère d'acide polylactique étant caractérisé en ce que la chaleur de fusion ΔH à la seconde élévation de température dans la mesure DSC est dans la plage de 20 J/g ou moins, la teneur en unités copolymérisées dérivées du polymère d'ester de libération d'acide étant de 0,5 à 35 % en masse, et le poids moléculaire moyen en poids du copolymère étant dans la plage de 15 000 à 40 000.
(JA) 本発明では、ポリ乳酸に比して、加水分解性及び親水性が向上したポリ乳酸共重合体を提供する。本発明は、ポリ乳酸と、加水分解により乳酸以外の酸を放出し得る酸放出性エステルポリマーとの共重合により得られるポリ乳酸共重合体において、DSC測定による2回目昇温時の融解熱量ΔHが20J/g以下の範囲にあり、前記酸放出性エステルポリマーに由来する共重合単位の含有率が0.5~35質量%且つ共重合体の重量平均分子量が15,000~40,000の範囲にあることを特徴とする。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)