PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 月曜日 03.02.2020 (10:00 午前 CET)
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020012977) 顆粒状研磨材、研磨工具及び研磨方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/012977 国際出願番号: PCT/JP2019/025690
国際公開日: 16.01.2020 国際出願日: 27.06.2019
IPC:
C09K 3/14 (2006.01) ,B24D 3/00 (2006.01) ,B24D 3/14 (2006.01) ,B24D 11/00 (2006.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
3
物質であって,他に分類されないもの
14
抗スリップ物質;研摩物質
B 処理操作;運輸
24
研削;研磨
D
研削,バフ加工,または刃砥ぎ用工具
3
研磨体または研磨シートの物理的特徴,例.特別な性質の研磨表面;構成成分により特徴づけられる研磨体または研磨シート
B 処理操作;運輸
24
研削;研磨
D
研削,バフ加工,または刃砥ぎ用工具
3
研磨体または研磨シートの物理的特徴,例.特別な性質の研磨表面;構成成分により特徴づけられる研磨体または研磨シート
02
結合剤として用いられているものにより特徴づけられる研磨体又は研磨シート
04
実質的に無機質の結合剤を用いているもの
14
セラミックを用いるもの,すなわちガラス状結合剤を用いたもの
B 処理操作;運輸
24
研削;研磨
D
研削,バフ加工,または刃砥ぎ用工具
11
可撓性研磨素材の構造的特徴;そのような素材の製造における特徴
出願人:
株式会社フジミインコーポレーテッド FUJIMI INCORPORATED [JP/JP]; 愛知県清須市西枇杷島町地領二丁目1番地1 1-1, Chiryo 2-chome, Nishibiwajima-cho, Kiyosu-shi, Aichi 4528502, JP
発明者:
伊藤 潤 ITO Jun; JP
安井 大祐 YASUI Daisuke; JP
代理人:
田中 秀▲てつ▼ TANAKA Hidetetsu; JP
山田 勇毅 YAMADA Yuki; JP
森 哲也 MORI Tetsuya; JP
優先権情報:
2018-12982709.07.2018JP
2019-05941426.03.2019JP
発明の名称: (EN) GRANULAR POLISHING MATERIAL, POLISHING TOOL, AND POLISHING METHOD
(FR) MATÉRIAU GRANULAIRE DE POLISSAGE, OUTIL DE POLISSAGE ET PROCÉDÉ DE POLISSAGE
(JA) 顆粒状研磨材、研磨工具及び研磨方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a polishing material whereby it becomes possible to reduce the depths of scratches while improving a polishing rate and the processing ability cannot be deteriorated. Provided is a granular polishing material which comprises aggregates each comprising abrasive grains and a binder that binds the grains together, the granular polishing material being characterized in that each of the abrasive grains has such a structure that at least a part is coated with the binder and the aggregates have grain strength of 20 to 150 MPa.
(FR) L'objectif de la présente invention concerne un matériau de polissage permettant de réduire les profondeurs de rayures tout en améliorant un taux de polissage et dont l'aptitude de traitement ne peut pas être détériorée. L'invention concerne un matériau de polissage granulaire qui comprend des agrégats comprenant chacun des grains abrasifs et un liant qui lie les grains ensemble, le matériau de polissage granulaire étant caractérisé en ce que chacun des grains abrasifs présente une structure telle qu'au moins une partie est revêtue du liant et les agrégats ont une résistance de grain de 20 à 150 MPa.
(JA) 研磨レートの向上しながら傷深さを抑制することができ、しかも加工力を低下することのない研磨材を提供することを目的とする。砥粒と砥粒同士を結合する結合材を含む凝集体を含む顆粒状研磨材であって、前記砥粒は結合材により少なくとも一部分が被覆された構造を有し、前記凝集体の顆粒強度が20MPa~150MPaであることを特徴とする顆粒状研磨材を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)