国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020012925) 2相ステンレス鋼溶接用フラックス入りワイヤ、溶接方法および溶接金属
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/012925 国際出願番号: PCT/JP2019/024795
国際公開日: 16.01.2020 国際出願日: 21.06.2019
IPC:
B23K 35/368 (2006.01) ,B23K 9/16 (2006.01) ,B23K 9/173 (2006.01) ,B23K 9/23 (2006.01) ,B23K 35/30 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/50 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
36
非金属組成物の選定,例.被覆,フラックス;非金属組成物の選定に関連するハンダ付け材料または溶接材料の選定,両者の選定に関係するもの
368
芯材料の非金属組成物の選定,またはハンダ付け材料または溶接材料の選定に関係するもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
16
シールドガスを用いるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
16
シールドガスを用いるもの
173
消耗電極を用いるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
23
溶接される材料の性質を考慮したもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
30
主成分が1550°C以下の融点をもつもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
40
ニッケルを共に含有するもの
50
チタンまたはジルコニウムを含有するもの
出願人:
株式会社神戸製鋼所 KABUSHIKI KAISHA KOBE SEIKO SHO (KOBE STEEL, LTD.) [JP/JP]; 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通二丁目2番4号 2-4, Wakinohama-Kaigandori 2-chome, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6518585, JP
発明者:
石▲崎▼ 圭人 ISHIZAKI Keito; --
古川 尚英 FURUKAWA Naohide; --
井元 雅弘 INOMOTO Masahiro; --
木下 雄太 KINOSHITA Yuta; --
代理人:
特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2018-13159311.07.2018JP
2019-09505221.05.2019JP
発明の名称: (EN) FLUX-CORED WIRE FOR TWO-PHASE STAINLESS STEEL WELDING, WELDING METHOD AND WELDING METAL
(FR) FIL FOURRÉ POUR SOUDAGE EN ACIER INOXYDABLE À DEUX PHASES, PROCÉDÉ DE SOUDAGE ET MÉTAL DE SOUDAGE
(JA) 2相ステンレス鋼溶接用フラックス入りワイヤ、溶接方法および溶接金属
要約:
(EN) The present invention relates to a flux-cored wire for two-phase stainless steel welding that comprises: at least one strong deoxidizing element chosen from the group consisting of Al, Mg, rare earth elements, Ca, Zr, and Ti; and a slag-forming agent containing a metal oxide and a metal fluoride wherein, with respect to the total mass, the flux-cored wire contains 8.00 to 10.50% by mass of Ni, 0.20 to 0.40% by mass of N, a total of 0.50 to 2.00% by mass of the strong deoxidizing element, and 1.30 to 3.30% by mass in fluorine equivalents of the metal fluoride and the ratio represented by Ni content/N content with respect to the total mass satisfies 20 to 40.
(FR) La présente invention concerne un fil fourré pour soudage en acier inoxydable à deux phases qui comprend : au moins un élément désoxydant fort choisi dans le groupe constitué d'Al, de Mg, des éléments des terres rares, du Ca, du Zr et du Ti ; et un agent de formation de laitier contenant un oxyde métallique et un fluorure de métal dans lequel, par rapport à la masse totale, le fil fourré contient 8,00 à 10,50 % en masse de Ni, 0,20 à 0,40 % en masse de N, un total de 0,50 à 2,00 % en masse de l'élément désoxydant fort, et 1,30 à 3,30 % en masse dans des équivalents de fluor du fluorure de métal et le rapport représenté par le contenu en Ni/contenu en N par rapport à la masse totale satisfait la proportion de 20 à 40.
(JA) 本発明は、Al、Mg、希土類元素、Ca、Zr、及びTiからなる群より選ばれる少なくとも1種の強脱酸元素と、金属酸化物および金属フッ化物を含むスラグ形成剤とを含有し、全質量あたりNiを8.00~10.50質量%、Nを0.20~0.40質量%、強脱酸元素を合計で0.50~2.00質量%、及び金属フッ化物をフッ素換算値で1.30~3.30質量%含有し、全質量あたりのNi含有量/N含有量で表される比が、20~40を満足する2相ステンレス鋼溶接用フラックス入りワイヤに関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)