処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2020012843 - ポリエステル系繊維、それを用いたパイル布帛、及びそれらの製造方法

公開番号 WO/2020/012843
公開日 16.01.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/022725
国際出願日 07.06.2019
IPC
D 繊維;紙
02
糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
G
繊維,フィラメント,糸またはより糸の巻縮処理;糸またはより糸
1
巻縮した繊維,フィラメント,糸またはより糸の製造,またはそれらのものに対する潜在巻縮性の付与
D 繊維;紙
02
糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
G
繊維,フィラメント,糸またはより糸の巻縮処理;糸またはより糸
1
巻縮した繊維,フィラメント,糸またはより糸の製造,またはそれらのものに対する潜在巻縮性の付与
12
スタッファーボックスを用いるもの
D 繊維;紙
02
糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
J
フィラメント,糸,より糸,ひも,ロープまたはこれらの類似物の仕上げまたは加工
13
糸,より糸,ひも,ロープまたはこれらの類似物の加熱または冷却であって,このサブクラスに分類される工程のいずれにも特定されない事項
D 繊維;紙
03
織成
D
織物;織成方法;織機
27
パイル織物
D 繊維;紙
04
組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
B
メリヤス編成
1
特殊な機械を使用しない編み地またはその製品の編成のためのよこ編み工程;このような工程によって限定される編み地またはその製品
02
パイル編み地または類似した表面をもつ編み物製品
04
糸の素材に特徴のあるもの
D 繊維;紙
04
組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
B
メリヤス編成
21
特殊な機械の使用によらない編み地または編み物製品の編成のためのたて編み工程;このような工程によって限定される編み地または編み物製品
02
パイル編み地または類似した表面をもつ編み物製品
04
糸の素材に特徴のあるもの
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
C
布帛の仕上げ,化粧仕上げ,幅出しまたは伸張
7
布帛の加熱または冷却
D02G 1/00 (2006.01)
D02G 1/12 (2006.01)
D02J 13/00 (2006.01)
D03D 27/00 (2006.01)
D04B 1/04 (2006.01)
D04B 21/04 (2006.01)
CPC
D02G 1/00
D02G 1/12
D02J 13/00
D03D 27/00
D04B 1/04
D04B 21/04
出願人
  • 株式会社カネカ KANEKA CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市北区中之島二丁目3番18号 3-18, Nakanoshima 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308288, JP
発明者
  • 田岡伸崇 TAOKA Nobutaka; --
  • 平井悠佑 HIRAI Yusuke; --
代理人
  • 特許業務法人池内アンドパートナーズ IKEUCHI & PARTNERS; 大阪府大阪市北区天満橋1丁目8番30号OAPタワー26階 26th Floor, OAP TOWER, 8-30, Tenmabashi 1-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5306026, JP
優先権情報
2018-13153511.07.2018JP
2019-03736901.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) POLYESTER-BASED FIBER AND PILE FABRIC CLOTH USING SAME, AND METHODS RESPECTIVELY FOR PRODUCING THESE PRODUCTS
(FR) FIBRE À BASE DE POLYESTER ET TISSU À POILS L'UTILISANT ET PROCÉDÉS RESPECTIF POUR PRODUIRE CES PRODUITS
(JA) ポリエステル系繊維、それを用いたパイル布帛、及びそれらの製造方法
要約
(EN)
The present invention relates to a crimped polyester-based fiber having such a property that, when the polyester-based fiber is suspended vertically and is then subjected to a dry heat treatment at a temperature of 90 to 120°C for 60 seconds under the application of a load of 4 mg/dtex, the difference between the fiber length of the polyester-based fiber after the heat treatment under the application of a load of 4 mg/dtex and that after the heat treatment without the application of any load is less than 3%. Thus, it becomes possible to provide: a polyester-based fiber which can impart high crimp removal performance against a low-temperature polishing treatment at 90 to 160°C to a raised surface layer part of a pile fabric cloth and can also impart good appearance and settling recovery performance/voluminousness to a pile fabric cloth; a pile fabric cloth produced using the polyester-based fiber; and methods respectively for producing the polyester-based fiber and the pile fabric cloth.
(FR)
La présente invention concerne une fibre à base de polyester sertie ayant une propriété telle que, lorsque la fibre à base de polyester est suspendue verticalement et est ensuite soumise à un traitement thermique à sec à une température de 90 °C à 120 °C pendant 60 secondes sous l'application d'une charge de 4 mg/dtex, la différence entre la longueur de fibre de la fibre à base de polyester après le traitement thermique sous l'application d'une charge de 4 mg/dtex et après le traitement thermique sans l'application d'aucune charge est inférieure à 3 %. Ainsi, il devient possible de fournir : une fibre à base de polyester qui peut conférer des performances d'élimination de frisure élevées face à un traitement de polissage à basse température, entre 90 °C et 160 °C sur une partie de couche de surface surélevée d'un tissu à poils et peut également conférer une bonne apparence et de bonnes performances de récupération de sédimentation/voluminosité à un tissu à poils ; un tissu à poils produit à l'aide de la fibre à base de polyester ; et des procédés pour produire respectivement la fibre à base de polyester et le tissu à poils.
(JA)
本発明は、捲縮を有するポリエステル系繊維であって、前記ポリエステル系繊維を垂直に吊り下げ、4mg/dtexの荷重下で90~120℃の温度で60秒間乾熱処理した場合、熱処理後の4mg/dtex荷重下のポリエステル系繊維の繊維長と、熱処理後の無荷重下のポリエステル系繊維の繊維長の差が3%未満のポリエステル系繊維に関する。これにより、パイル布帛の立毛表層部に90~160℃の低温ポリッシング処理に対する高い捲縮除去性を付与するとともに、パイル布帛に良好な外観及びへたり回復性・ボリューム感を付与することができるポリエステル系繊維、それを用いたパイル布帛及びそれらの製造方法を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報