国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020012830) 環状ヘミアセタール化合物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/012830 国際出願番号: PCT/JP2019/022241
国際公開日: 16.01.2020 国際出願日: 04.06.2019
IPC:
C07D 307/20 (2006.01) ,B01J 31/28 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
307
異項原子として1個の酸素原子のみをもつ5員環を含有する複素環式化合物
02
他の環と縮合していないもの
04
環原子相互間または環原子と非環原子間に二重結合をもたないもの
18
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
20
酸素原子
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
31
水素化物,配位錯体または有機化合物からなる触媒(重合反応においてのみ使用される触媒組成物C08)
26
グループ31/02から31/24までに分類されない無機金属化合物をさらに含有するもの
28
白金族金属,鉄族金属または銅に関するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
株式会社クラレ KURARAY CO., LTD. [JP/JP]; 岡山県倉敷市酒津1621番地 1621, Sakazu, Kurashiki-shi, Okayama 7100801, JP
発明者:
清水 亮佑 SHIMIZU,Ryosuke; JP
中川 寛之 NAKAGAWA, Hiroyuki; JP
代理人:
特許業務法人大谷特許事務所 OHTANI PATENT OFFICE; 東京都港区虎ノ門三丁目25番2号 虎ノ門ESビル7階 Toranomon ES Bldg. 7F., 25-2, Toranomon 3-chome, Minato-ku, Tokyo 1050001, JP
優先権情報:
2018-13316613.07.2018JP
発明の名称: (EN) CYCLIC HEMIACETAL COMPOUND PRODUCTION METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSÉ HÉMIACÉTAL CYCLIQUE
(JA) 環状ヘミアセタール化合物の製造方法
要約:
(EN) The production method comprises reacting hydrogen, carbon monoxide, and a specific alcohol having an unsaturated bond, in the presence of a base, a tertiary phosphite ligand, and a transition metal compound from Group 8 to Group 10, thereby producing a specific hemiacetal compound, wherein the A value represented by formula (1) is 0.0 to 4.0, and the B value represented by formula (2) is 0.6 to 1.0.
(FR) Le procédé de production comprend la réaction d'hydrogène, de monoxyde de carbone et d'un alcool spécifique ayant une liaison insaturée, en présence d'une base, d'un ligand de phosphite tertiaire et d'un composé de métal de transition du groupe 8 au groupe 10, ce qui permet de produire un composé hémiacétal spécifique, la valeur B représentée par la formule (1) étant de 0,0 à 4,0, et la valeur B représentée par la formule (2) étant de 0,6 à 1,0.
(JA) 第8族から第10族の遷移金属化合物、第3級ホスファイト配位子および塩基の存在下、不飽和結合を有する特定のアルコール、一酸化炭素および水素を反応させることにより、特定のヘミアセタール化合物を製造する方法であって、式(1)で表されるA値が0.0~4.0であり、式(2)で表されるB値が0.6~1.0である、製造方法。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)