国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020012681) 8-プレニルナリンゲニンの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/012681 国際出願番号: PCT/JP2019/002125
国際公開日: 16.01.2020 国際出願日: 23.01.2019
IPC:
C12P 17/06 (2006.01) ,C12N 1/20 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
17
異項原子としてO,N,S,Se,またはTeのみをもつ複素環式化合物の製造
02
異項原子として酸素原子のみのもの
06
6員環をもつもの,例.フルオレセイン
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
出願人:
株式会社ダイセル DAICEL CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市北区大深町3番1号 3-1, Ofuka-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300011, JP
発明者:
石輪 俊典 ISHIWA, Shunsuke; JP
中島 賢則 NAKAJIMA, Takanori; JP
代理人:
特許業務法人秀和特許事務所 IP FIRM SHUWA; 東京都中央区東日本橋三丁目4番10号 アクロポリス21ビル8階 Acropolis 21 Building 8th floor, 4-10, Higashi Nihonbashi 3-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030004, JP
優先権情報:
2018-12973009.07.2018JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING 8-PRENYLNARINGENIN
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE 8-PRÉNYLNARINGÉNINE
(JA) 8-プレニルナリンゲニンの製造方法
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing a novel method for producing 8-prenylnaringenin. The present invention solves said problem by providing a method for producing 8-prenylnaringenin which includes a step for causing 8-prenylnaringenin to be produced from isoxanthohumol in a solution which contains isoxanthohumol by a microorganism which belongs to Blautia coccoides and/or a microorganism which belongs to Blautia schinkii, both of which exhibit the ability to produce 8-prenylnaringenin from isoxanthohumol.
(FR) La présente invention aborde le problème de la fourniture d'un nouveau procédé de production de la 8-prénylnaringénine. La présente invention résout ledit problème en fournissant un procédé de production de la 8-prénylnaringénine qui comprend une étape qui consiste à amener la 8-prénylnaringénine à être produite à partir d'isoxanthohumol dans une solution qui contient de l'isoxanthohumol par un micro-organisme qui appartient à Blautia coccoides et/ou un micro-organisme qui appartient à Blautia schinkii, les deux ayant la capacité de produire de la 8-prénylnaringénine à partir d'isoxanthohumol.
(JA) 本発明の課題は、8-プレニルナリンゲニンの新規製造方法の提供であり、該課題を、イソキサントフモールを含有する溶液において、イソキサントフモールから8-プレニルナリンゲニンを産生する能力を有する、ブラウティア・コッコイデス(Blautia coccoides)に属する微生物及び/又はブラウティア・シンキ(Blautia schinkii)に属する微生物に、イソキサントフモールから8-プレニルナリンゲニンを産生させる工程を含む、8-プレニルナリンゲニンの製造方法で解決する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)