PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 月曜日 03.02.2020 (10:00 午前 CET)
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020009247) 発熱板、導電体付きフィルム、合わせ板、デフロスタ、移動体及び発熱板の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/009247 国際出願番号: PCT/JP2019/027058
国際公開日: 09.01.2020 国際出願日: 08.07.2019
IPC:
H05B 3/86 (2006.01) ,B32B 3/22 (2006.01) ,B32B 7/023 (2019.01) ,B60J 1/00 (2006.01) ,B60J 1/20 (2006.01) ,B60S 1/02 (2006.01) ,C03C 17/06 (2006.01) ,C03C 17/09 (2006.01) ,H05B 3/20 (2006.01)
H 電気
05
他に分類されない電気技術
B
電気加熱;他に分類されない電気照明
3
抵抗加熱
84
透明または反射部分に特に適合した加熱装置,例.窓,鏡,または車両の風防ガラスを防曇または防氷するためのもの
86
発熱導体が透明または反射物質の中に埋込まれたもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
3
外面または内面にある一つの層が不連続または不均一なもの,または一つの層が平らでない形状のものから本質的になる積層体;本質的に形状に特徴を有する積層体
10
不連続な層,すなわち空隙を有するかまたは分離した材料片から形成された層を特徴とするもの
18
分離した材料片から形成された内部層を特徴とするもの
22
間隔を置いた部片からなるもの
[IPC code unknown for B32B 7/023]
B 処理操作;運輸
60
車両一般
J
車両の窓,風防ガラス,非固定式の屋根,扉または同類の装置;車両に特に適した,取外し可能な外部保護カバー(これらの留め具,吊り具,閉鎖具,開放具E05)
1
窓;風防ガラス;そのための付属装置
B 処理操作;運輸
60
車両一般
J
車両の窓,風防ガラス,非固定式の屋根,扉または同類の装置;車両に特に適した,取外し可能な外部保護カバー(これらの留め具,吊り具,閉鎖具,開放具E05)
1
窓;風防ガラス;そのための付属装置
20
付属装置,例.導風板,ブラインド
B 処理操作;運輸
60
車両一般
S
他に分類されない車両の手入,洗浄,修理,支持,持ち上げ,移動
1
車両の洗浄
02
風防ガラス,窓,または光学装置の洗浄
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
17
繊維やフィラメントの形態をとらないガラス,例.結晶化ガラス,の被覆による表面処理
06
金属によるもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
17
繊維やフィラメントの形態をとらないガラス,例.結晶化ガラス,の被覆による表面処理
06
金属によるもの
09
蒸気相からの析出によるもの
H 電気
05
他に分類されない電気技術
B
電気加熱;他に分類されない電気照明
3
抵抗加熱
20
2次元の平面の表面をもつ発熱素子,例.プレートヒータ
出願人:
大日本印刷株式会社 DAI NIPPON PRINTING CO., LTD. [JP/JP]; 東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号 1-1, Ichigaya-kaga-cho 1-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1628001, JP
発明者:
平川 学 HIRAKAWA Manabu; JP
中西 悠子 NAKANISHI Yuko; JP
後石原 聡 GOISHIHARA Satoshi; JP
末次 博俊 SUETSUGU Hirotoshi; JP
阿部 真 ABE Makoto; JP
代理人:
永井 浩之 NAGAI Hiroshi; JP
中村 行孝 NAKAMURA Yukitaka; JP
朝倉 悟 ASAKURA Satoru; JP
堀田 幸裕 HOTTA Yukihiro; JP
合田 幸平 GODA Kohei; JP
優先権情報:
2018-12947706.07.2018JP
2018-14617102.08.2018JP
発明の名称: (EN) HEATING PLATE, ELECTROCONDUCTOR-ATTACHED FILM, LAMINATED PLATE, DEFROSTER, MOVABLE BODY, AND METHOD FOR MANUFACTURING HEATING PLATE
(FR) PLAQUE CHAUFFANTE, FILM ATTACHÉ À UN CONDUCTEUR ÉLECTRIQUE, PLAQUE STRATIFIÉE, DÉGIVREUR, CORPS MOBILE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE PLAQUE CHAUFFANTE
(JA) 発熱板、導電体付きフィルム、合わせ板、デフロスタ、移動体及び発熱板の製造方法
要約:
(EN) A heating plate 10 is provided with: a first substrate 11 and a second substrate 12 that are arranged so as to be separated from each other in a first direction d1; heating electroconductors 40 arranged between the first substrate 11 and the second substrate 12; and a bonding layer 30 for bonding the first substrate 11 and the second substrate 12. The heating electroconductors 40 generate heat as a result of a voltage being applied thereto. The heating electroconductors 40 are adjacent to the bonding layer 30. The heating electroconductors 40 are in contact with the first substrate 11. The surface roughness Sz on the side of each of the heating electroconductors 40, said side being in contact with the first substrate 11, is 3.0 μm or less.
(FR) L'invention concerne une plaque chauffante 10 qui est pourvue : d'un premier substrat 11 et d'un second substrat 12 qui sont agencés de façon à être séparés l'un de l'autre dans une première direction d1 ; de conducteurs électriques chauffants 40 agencés entre le premier substrat 11 et le second substrat 12 ; et d'une couche de liaison 30 servant à lier le premier substrat 11 et le second substrat 12. Les conducteurs électriques chauffants 40 génèrent de la chaleur suite à l'application d'une tension à ceux-ci. Les conducteurs électriques chauffants 40 sont adjacents à la couche de liaison 30. Les conducteurs électriques chauffants 40 sont en contact avec le premier substrat 11. La rugosité de surface Sz d'un côté de chacun des conducteurs électriques chauffants 40, ledit côté étant en contact avec le premier substrat 11, est inférieure ou égale à 3,0 µm.
(JA) 発熱板10は、第1方向d1に離間して配置された第1基板11及び第2基板12と、第1基板11及び第2基板12の間に配置された発熱用導電体40と、第1基板11と第2基板12とを接合する接合層30と、を備える。発熱用導電体40は、電圧を印加されることで発熱する。発熱用導電体40は、接合層30と隣接する。発熱用導電体40は、第1基板11と接する。発熱用導電体40の第1基板11と接する側の表面粗さSzは、3.0μm以下である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)