国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020009168) 新規ヒドロキシニトリルリアーゼ変異体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/009168 国際出願番号: PCT/JP2019/026527
国際公開日: 09.01.2020 国際出願日: 03.07.2019
IPC:
C12N 15/60 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 9/88 (2006.01) ,C12N 15/63 (2006.01) ,C12P 7/22 (2006.01) ,C12P 13/00 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52
酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
60
付加酵素(4)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
88
付加酵素(4.)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
63
ベクターを用いた外来遺伝物質の導入;ベクター;そのための宿主の使用;発現の制御
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7
酸素原子を含む有機化合物の製造
02
水酸基を有するもの
22
芳香族のもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
13
窒素原子を含む有機化合物の製造
出願人:
公立大学法人 富山県立大学 PUBLIC UNIVERSITY CORPORATION TOYAMA PREFECTURAL UNIVERSITY [JP/JP]; 富山県射水市黒河5180 5180, Kurokawa, Imizu-shi, Toyama 9390398, JP
発明者:
浅野 泰久 ASANO Yasuhisa; JP
チャイケーヨ・シリポーン CHAIKAEW Siriporn; JP
ニュイラート・エム NUYLERT Aem; JP
元島 史尋 MOTOJIMA Fumihiro; JP
代理人:
中谷 智子 NAKATANI Tomoko; JP
優先権情報:
2018-12710503.07.2018JP
発明の名称: (EN) NOVEL HYDROXYNITRILE LYASE MUTANT
(FR) NOUVEAU MUTANT D'HYDROXYNITRILE LYASE
(JA) 新規ヒドロキシニトリルリアーゼ変異体
要約:
(EN) The activity of the wild-type hydroxynitrile lyase (HNL) obtained to date is insufficient for industrial use, and HNL having better activity has been demanded. The present inventors introduced various amino acid mutations predicted on the basis of the three-dimensional structures of HNL and (R)-mandelonitrile into wild-type HNL and measured the activities of the resulting HNL. As a result, it was discovered that amino acid modification of specific sites brings about elevation of activity common to millipede-derived HNL. Therefore, the present invention pertains to an (R)-HNL mutant protein having one or more amino acid substitutions in a millipede-derived (R)-HNL protein and having (R)-HNL activity. More specifically, the present invention pertains to HNL having amino acid substitutions in the third β-sheet structure (β3), the fourth β-sheet structure (β4), and the fifth β-sheet structure (β5) of (R)-HNL.
(FR) L'activité de l'hydroxynitrile lyase (HNL) de type sauvage obtenue jusqu'ici est insuffisante pour une utilisation industrielle, et une HNL ayant une meilleure activité a été demandée. Les présents inventeurs ont introduit diverses mutations d'acide aminé prédites sur la base des structures tridimensionnelles de HNL et de (R)-mandélonitrile dans une HNL de type sauvage et mesuré les activités de la HNL résultante. Ainsi, il a été découvert que la modification d'acides aminés de sites spécifiques entraîne une élévation d'activité commune à une HNL dérivée de mille-pattes. Par conséquent, la présente invention concerne une protéine mutante (R)-HNL ayant une ou plusieurs substitutions d'acides aminés dans une protéine dérivée de mille-pattes (R)-HNL et ayant une activité (R)-HNL. Plus spécifiquement, la présente invention concerne une HNL ayant des substitutions d'acides aminés dans la troisième structure de feuillets β (β3), la quatrième structure de feuillets β (β4) et la cinquième structure de feuillets β (β5) de (R)-HNL.
(JA) これまで得られた野生型ヒドロキシニトリルリアーゼ(HNL)の活性は産業用としては十分ではなく、更にすぐれた活性を有するHNLが求められていた。本発明者らは、HNLと(R)-マンデロニトリルの立体構造に基づき予測された種々のアミノ酸変異を野生型HNLに導入し、その活性を測定した。その結果、特定の部位のアミノ酸改変がヤスデ由来のHNLに共通した活性上昇をもたらすことを見出した。よって、本発明は、ヤスデ由来の(R)-HNLタンパク質における1種類以上のアミノ酸置換を有し、かつ、(R)-HNL活性を有する、(R)-HNL変異体タンパク質に関する。より具体的には、(R)-HNLの3番目のβシート構造(β3)、4番目のβシート構造(β4)、5番目のβシート構造(β5)におけるアミノ酸置換を有するHNLに関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)