国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020009161) 接圧ロール
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/009161 国際出願番号: PCT/JP2019/026503
国際公開日: 09.01.2020 国際出願日: 03.07.2019
IPC:
B65H 27/00 (2006.01) ,B65H 18/26 (2006.01) ,B65H 20/02 (2006.01) ,C25D 5/02 (2006.01) ,C25D 5/12 (2006.01) ,C25D 5/14 (2006.01) ,C25D 5/56 (2006.01) ,C25D 7/00 (2006.01) ,C25D 7/04 (2006.01) ,C25D 17/10 (2006.01) ,C25D 21/00 (2006.01) ,F16C 13/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
H
薄板状または線条材料,例.シート,ウェブ,ケーブル,の取扱い
27
ウエブのための供給または案内ローラの特殊構造、例. 表面特徴
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
H
薄板状または線条材料,例.シート,ウェブ,ケーブル,の取扱い
18
ウエブの巻取り
08
ウエブ巻取り機構
26
巻取りウエブ包装体への接触圧制御装置,例.ウエブ層間の空気量を調整するもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
H
薄板状または線条材料,例.シート,ウェブ,ケーブル,の取扱い
20
ウエブの送給
02
摩擦ローラによるもの
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
02
選択された表面部分の電気鍍金
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
10
同種または異種の2層以上からなる金属の電気鍍金
12
少なくとも一層がニッケルまたはクロムよりなるもの
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
10
同種または異種の2層以上からなる金属の電気鍍金
12
少なくとも一層がニッケルまたはクロムよりなるもの
14
ニッケルまたはクロムが2層以上のもの,例.二重層または三重層
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
54
非金属表面の電気鍍金
56
プラスチック
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
7
被覆される物品に特徴のある電気鍍金
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
7
被覆される物品に特徴のある電気鍍金
04
管状体;輪状体;中空体
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
17
電解被覆用槽の構造部品またはその組立体
10
電極
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
21
電解被覆用槽の保守または操作方法
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
13
ロール,ドラム,円板等;そのための軸受けはまた取り付け具
出願人:
日鉄ケミカル&マテリアル株式会社 NIPPON STEEL CHEMICAL & MATERIAL CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋一丁目13番1号 13-1, Nihonbashi 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030027, JP
株式会社川村製作所 KAWAMURA MFG CO., LTD. [JP/JP]; 奈良県香芝市良福寺103-1 103-1, Ryofukuji, Kashiba-shi, Nara 6390235, JP
発明者:
川村 英亮 KAWAMURA Hidesuke; JP
代理人:
倉橋 健太郎 KURAHASHI Kentaro; JP
倉橋 暎 KURAHASHI Akira; JP
優先権情報:
2018-12918306.07.2018JP
発明の名称: (EN) PRESSURE CONTACT ROLL
(FR) ROULEAU DE CONTACT À PRESSION
(JA) 接圧ロール
要約:
(EN) Provided is a double-pipe-structure pressure contact roll having an outer tube member made from at least a carbon-fiber-reinforced resin, wherein the pressure contact roll is configured so that a metal plating layer is uniformly and firmly bonded to the surface of the outer tube member, the pressure contact roll having excellent workability such as surface smoothness and matting, making it possible in particular to suppress rotational vibration to a low value, and having high abrasion resistance. A double-pipe-structure pressure contact roll having a cylindrical outer tube member 2 made from a carbon-fiber-reinforced resin, and an inner tube member 3 disposed coaxially with the outer tube member on the inner side of the outer tube member, the outer tube member 2 is integrally coupled with a joining part 3A formed on the axial-direction center part of the inner tube member, the inner tube member having a rotating shaft member 4 that is coaxially and integrally secured to the inner tube member at both axial-direction end parts thereof, and a metal plating layer 6 being formed on the outer peripheral surface of the outer tube member, wherein outer-tube-side end surface members 5 made from metal are integrally attached to each of the two axial-direction end parts of the outer tube member, the outer-tube-side end surface members being for attaching plating electrodes during formation of the metal plating layer.
(FR) L'invention concerne un rouleau de contact à pression à structure de double tuyau présentant un élément de tube externe composé d'au moins une résine renforcée par des fibres de carbone, le rouleau de contact à pression étant configuré de sorte qu'une couche de placage métallique est uniformément et fermement liée à la surface de l'élément de tube externe, le rouleau de contact à pression présentant une excellente aptitude au façonnage telle qu'un lissé et un matage, ce qui permet en particulier de supprimer une vibration de rotation à une valeur faible, et présentant une résistance à l'abrasion élevée. Un rouleau de contact à pression à structure de double tuyau présente un élément de tube externe cylindrique (2) composé d'une résine renforcée par des fibres de carbone, et un élément de tube interne (3) disposé de façon coaxiale avec l'élément de tube externe sur le côté interne de l'élément de tube externe, l'élément de tube externe (2) est accouplé d'un seul tenant à une partie de jonction (3A) formée sur la partie centrale de direction axiale de l'élément de tube interne, l'élément de tube interne présentant un élément d'arbre rotatif (4) qui est fixé de façon coaxiale et d'un seul tenant à l'élément de tube interne au niveau de ses deux parties d'extrémité de direction axiale, et une couche de placage métallique (6) étant formée sur la surface périphérique externe de l'élément de tube externe, des éléments de surface d'extrémité côté tube externe (5) composés de métal étant fixés d'un seul tenant à chacune des deux parties d'extrémité de direction axiale de l'élément de tube externe, les éléments de surface d'extrémité côté tube externe étant destinés à fixer des électrodes de placage pendant la formation de la couche de placage métallique.
(JA) 少なくとも炭素繊維強化樹脂にて作製された外筒部材を有する二重管構造の接圧ロールにおいて、外筒部材表面に対して金属めっき層が均一に、しかも、強固に付着した、表面平滑性や梨地等の加工性が良好で、特に、回転振れを小さく抑えることができる、高耐摩耗性を有した接圧ロールを提供する。 炭素繊維強化樹脂にて作製された円筒形状の外筒部材2と、外筒部材の内側に外筒部材と同一軸線にて配置された内筒部材3とを有し、外筒部材2は、内筒部材の軸方向中央部に形成された接合部3Aにて一体に連結され、内筒部材は軸方向両端部に内筒部材と同一軸線にて一体に固定された回転軸部材4を有し、外筒部材の外周面には金属めっき層6が形成された二重管構造の接圧ロールであって、外筒部材の軸方向両端部には、それぞれ、金属めっき層を形成する際のめっき電極を取付けるための金属にて作製された外筒側部端面部材5が一体に取り付けられている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)