国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020009132) ジアリールピリジン誘導体の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/009132 国際出願番号: PCT/JP2019/026395
国際公開日: 09.01.2020 国際出願日: 03.07.2019
IPC:
C07D 319/12 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01) ,C07D 405/12 (2006.01) ,C07D 405/14 (2006.01) ,A61K 31/444 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
319
異項原子として2個の酸素原子のみをもつ6員環を含有する複素環式化合物
10
1,4-ジオキサン;水素添加した1,4-ジオキサン
12
他の環と縮合していないもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
4427
さらに複素環系を含有するもの
444
環異種原子として窒素を有する6員環を含むもの,例.アムリノン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
出願人:
第一三共株式会社 DAIICHI SANKYO COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号 3-5-1, Nihonbashi Honcho, Chuo-ku, Tokyo 1038426, JP
発明者:
安藝 祐一 AKI Yuichi; JP
鳥山 史彦 TORIYAMA Fumihiko; JP
桜井 なつ樹 SAKURAI Natsuki; JP
亀田 藍 KAMEDA Ai; JP
小倉 友和 OGURA Tomokazu; JP
代理人:
石橋 公樹 ISHIBASHI Koki; JP
竹元 利泰 TAKEMOTO Toshiyasu; JP
優先権情報:
2018-12719704.07.2018JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING DIARYLPYRIDINE DERIVATIVES
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE DÉRIVÉS DE DIARYLPYRIDINE
(JA) ジアリールピリジン誘導体の製造方法
要約:
(EN) The present invention pertains to a novel method for producing diarylpyridine derivatives, the purpose of the present invention being to provide a industrially useful, novel method. A novel method for synthesizing pyridine rings without using palladium, a strong base, or reaction under high temperature was developed. In particular, success was achieved in developing methods enabling synthesis under very mild reaction conditions in the synthesis of iminium salts, which are intermediates, in the synthesis of cyano compounds from iminium salts, and in cyclization into pyridines.
(FR) La présente invention concerne un nouveau procédé de production de dérivés de diarylpyridine, le but de la présente invention étant de fournir un nouveau procédé utile sur le plan industriel. L'invention concerne un nouveau procédé de synthèse de cycles pyridines sans utiliser de palladium, une base forte, ou une réaction à haute température. Le procédé fourni par la présente invention permet une synthèse dans des conditions de réaction très douces de sels d'iminium, qui sont des intermédiaires, dans la synthèse de composés cyano à partir de sels d'iminium, et dans la cyclisation en pyridines.
(JA) 本発明は、ジアリールピリジン誘導体の新規な製造方法に関し、工業的に有用で新規な方法を提供することを目的とする。 パラジウム、強塩基、および高温下での反応を用いない、ピリジン環の新規な合成方法を開発した。特に、中間体であるイミニウム塩の合成、イミニウム塩からシアノ化合物への合成、およびピリジンへの環化についても、極めて温和な反応条件で合成できる方法を開発することに成功した。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)