国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020009012) キュウリモザイクウイルス弱毒株
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/009012 国際出願番号: PCT/JP2019/025785
国際公開日: 09.01.2020 国際出願日: 28.06.2019
IPC:
C12N 7/04 (2006.01) ,A01G 7/00 (2006.01) ,A01G 22/00 (2018.01) ,A01H 6/34 (2018.01) ,A01N 63/00 (2006.01) ,A01P 1/00 (2006.01) ,C07K 14/08 (2006.01) ,C12N 9/50 (2006.01) ,C12N 15/40 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
7
ウイルス,例.バクテリオファージ;それを含む組成物;その調製または精製
04
不活化または弱毒化;ウイルスサブユニットの生産
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
G
園芸;野菜,花,稲,果樹,ぶどう,ホップ,海草の栽培;林業;灌水
7
植物の生態一般
[IPC code unknown for A01G 22][IPC code unknown for A01H 6/34]
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
63
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,微生物,ビールス,かびまたは動物,例.線虫,を含むもの,あるいは微生物,ビールス,かびまたは動物によって生産された,またはそれらから採取された物質,例.酵素または発酵生産物
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
1
殺微生物剤;抗微生物性化合物またはその混合物
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
005
ウイルスから
08
RNAウイルス
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
48
ペプチド結合に作用するもの,例.トロンボプラスチン,ロイシンアミノペプチダーゼ(3・4)
50
プロティナーゼ
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
31
微生物蛋白質,例.エンテロトキシン,をコードする遺伝子
33
ウイルス蛋白質をコードする遺伝子
40
RNAウイルス由来の蛋白質,例.フラビウイルス
出願人:
株式会社微生物化学研究所 KYOTO BIKEN LABORATORIES, INC. [JP/JP]; 京都府宇治市槇島町24、16番地 24-16, Makishimacho, Uji-shi, Kyoto 6110041, JP
発明者:
梁 宝成 RYANG Bo Song; JP
片桐 伸行 KATAGIRI Nobuyuki; JP
▲さき▼山 奈緒子 SAKIYAMA Naoko; JP
代理人:
柳野 隆生 YANAGINO Takao; JP
柳野 嘉秀 YANAGINO Yoshihide; JP
森岡 則夫 MORIOKA Norio; JP
関口 久由 SEKIGUCHI Hisayoshi; JP
中川 正人 NAKAGAWA Masato; JP
優先権情報:
2018-12696503.07.2018JP
発明の名称: (EN) CUCUMBER MOSAIC VIRUS ATTENUATED STRAIN
(FR) SOUCHE ATTÉNUÉE DU VIRUS DE LA MOSAÏQUE DU CONCOMBRE
(JA) キュウリモザイクウイルス弱毒株
要約:
(EN) The present invention relates to: a novel cucumber mosaic virus (CMV) attenuated strain capable of controlling plant virus-derived plant diseases that occur in Cucurbitaceous vegetables; a mosaic disease-resistant inducer which is for Cucurbitaceous vegetables and contains said CMV attenuated strain; a method for preventing mosaic diseases of Cucurbitaceous vegetables using said CMV attenuated strain; and Cucurbitaceous vegetables. Specifically, the present invention relates to a cucumber mosaic virus attenuated strain having, in the genome, an RNA in which one or two bases are deleted at a base sequence position 279-282 from the 5'-end of an RNA expressed in a 2b protein-coding SEQ ID NO:1, or an RNA in which one or two bases are inserted at the base sequence position 279-282, wherein the cucumber mosaic virus attenuated strain has a 2b protein composed of a base sequence having a 2b protein-coding RNA expressed by SEQ ID NO: 2, or an amino acid sequence expressed by SEQ ID NO: 3.
(FR) La présente invention concerne : une nouvelle souche atténuée du virus de la mosaïque du concombre (CMV) apte à lutter contre des maladies de plantes provoquées par des phytovirus, qui surviennent chez des légumes cucurbitacées; un inducteur résistant aux maladies de type mosaïque qui est destiné à des légumes cucurbitacées et qui contient ladite souche atténuée de CMV; un procédé destiné à prévenir des maladies de type mosaïque de légumes cucurbitacées à l'aide de ladite souche atténuée de CMV; et des légumes cucurbitacées. Plus précisément, la présente invention concerne une souche atténuée du virus de la mosaïque du concombre possédant, dans le génome, un ARN dans lequel une ou deux bases sont supprimées au niveau d'une position de séquence de bases 279-282 à partir de l'extrémité 5' d'un ARN exprimé dans une séquence de codage de protéine 2b SEQ ID NO : 1, ou un ARN dans lequel une ou deux bases sont insérées au niveau de la position de séquence de bases 279-282, la souche atténuée du virus de la mosaïque du concombre possédant une protéine 2b composée d'une séquence de bases possédant un ARN codant pour une protéine 2b exprimée par SEQ ID NO : 2, ou une séquence d'acides aminés exprimée par SEQ ID NO : 3.
(JA) 本発明は、ウリ科植物にて発生する植物ウイルス由来の植物病を防除できる、新規なキュウリモザイクウイルス弱毒株、前記CMV弱毒株を含有するウリ科植物用のモザイク病抵抗性誘導剤、前記CMV弱毒株を用いたウリ科植物のモザイク病防除方法およびウリ科植物に関する。具体的には、2bタンパク質をコードする配列番号1に示されるRNAの5'側から279番目~282番目の塩基配列から1または2個の塩基が欠失されているRNAまたは前記279番目~282番目の塩基配列中に1または2個の塩基が挿入されているRNAをゲノム中に有するキュウリモザイクウイルス弱毒株に関し、このキュウリモザイクウイルス弱毒株は、2bタンパク質をコードするRNAが配列番号2に示される塩基配列または配列番号3に示されるアミノ酸配列からなる2bタンパク質を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)