PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 月曜日 03.02.2020 (10:00 午前 CET)
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020008981) 排ガス浄化触媒装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/008981 国際出願番号: PCT/JP2019/025461
国際公開日: 09.01.2020 国際出願日: 26.06.2019
IPC:
B01J 23/63 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,B01J 35/04 (2006.01) ,B01J 37/02 (2006.01) ,F01N 3/10 (2006.01) ,F01N 3/28 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
54
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56
白金族金属
63
希土類またはアクチニドと結合したもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
04
小孔構造,ふるい状,格子状,ハニカム状のもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
02
含浸,被覆または沈澱
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
出願人:
株式会社キャタラー CATALER CORPORATION [JP/JP]; 静岡県掛川市千浜7800番地 7800, Chihama, Kakegawa-shi, Shizuoka 4371492, JP
発明者:
糟谷 知弘 KASUYA, Chihiro; JP
藪崎 祐司 YABUZAKI, Yuji; JP
河合 将昭 KAWAI, Masaaki; JP
岡田 満克 OKADA, Mitsuyoshi; JP
代理人:
青木 篤 AOKI, Atsushi; JP
三橋 真二 MITSUHASHI, Shinji; JP
関根 宣夫 SEKINE, Nobuo; JP
胡田 尚則 EBISUDA, Hisanori; JP
塩川 和哉 SHIOKAWA, Kazuya; JP
優先権情報:
2018-12820405.07.2018JP
発明の名称: (EN) EXHAUST GAS PURIFICATION CATALYST DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE CATALYSEUR DE PURIFICATION DE GAZ D’ÉCHAPPEMENT
(JA) 排ガス浄化触媒装置
要約:
(EN) The exhaust gas purification catalyst device has catalyst coating layers 10, 20, which extend from the upstream side to the downstream side of the exhaust gas flow. The catalyst coating layers 10, 20 have at least three zones present in sequence from the upstream side to the downstream side of the exhaust gas flow, and each of these at least three zones is an oxidation catalyst zone 1, 3, 5 or a reduction catalyst zone 2, 4, 6. In the uppermost layer of an oxidation catalyst zone, the total number of platinum and palladium atoms is greater than the number of rhodium atoms; in the uppermost layer of a reduction catalyst zone, the number of rhodium atoms is greater than the total number of platinum and palladium atoms. The oxidation catalyst zones 1, 3, 5 are switched with the reduction catalyst zones 2, 4, 6 at least two times in the exhaust gas flow direction.
(FR) La présente invention concerne un dispositif de catalyseur de purification de gaz d'échappement comportant des couches 10, 20 de revêtement de catalyseur, qui s'étendent du côté amont au côté aval du flux de gaz d'échappement. Les couches 10, 20 de revêtement du catalyseur ont au moins trois zones présentes en séquence à partir du côté amont vers le côté aval du flux de gaz d'échappement, et chacune de ces trois zones au moins est une zone 1, 3, 5 du catalyseur d'oxydation ou une zone 2, 4, 6 du catalyseur de réduction. Dans la couche supérieure d'une zone de catalyseur d'oxydation, le nombre total d'atomes de platine et de palladium est supérieur au nombre d'atomes de rhodium ; dans la couche supérieure d'une zone de catalyseur de réduction, le nombre d'atomes de rhodium est supérieur au nombre total d'atomes de platine et de palladium. Les zones 1, 3, 5 du catalyseur d'oxydation sont en commutation avec les zones 2, 4, 6 du catalyseur de réduction au moins deux fois dans la direction d'écoulement du gaz d'échappement.
(JA) 排ガス流れの上流側から下流側へと延在する触媒コート層10,20を有する排ガス浄化触媒装置であって、触媒コート層10,20は、排ガス流れの上流側から下流側へ向けて順に存在する3個以上のゾーンを有し、これら3個以上のゾーンそれぞれは、酸化触媒ゾーン1,3,5又は還元触媒ゾーン2,4,6であり、酸化触媒ゾーンの最上層において、白金及びパラジウムの合計原子数が、ロジウムの原子数よりも多く、還元触媒ゾーンの最上層において、ロジウムの原子数が白金及びパラジウムの合計原子数よりも多く、酸化触媒ゾーン1,3,5と還元触媒ゾーン2,4,6とが、排ガス流れ方向で少なくとも2回切り換わる、排ガス浄化触媒装置。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)