国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020008956) 耐擦傷性ハードコートフィルムの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/008956 国際出願番号: PCT/JP2019/025164
国際公開日: 09.01.2020 国際出願日: 25.06.2019
IPC:
B32B 1/02 (2006.01) ,B29B 11/08 (2006.01) ,B29C 45/16 (2006.01) ,B29C 49/22 (2006.01) ,B32B 3/26 (2006.01) ,B32B 7/023 (2019.01) ,B32B 27/08 (2006.01) ,B32B 27/18 (2006.01) ,B65D 1/02 (2006.01)
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
1
平面以外の一般的形状を本質的に有する積層体
02
容器,例.タンク
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
11
予備成形品の製造
06
材料の成形によるもの
08
射出成形
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
45
射出成形,即ち所要量の成形材料をノズルを介して閉鎖型内へ流入させるもの;そのための装置
16
多層または多色物品の製造
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
49
ブロー成形,即ちプリフォームまたはパリソンを型内で所定形状にブローするもの;そのための装置
22
多層のプリフォームまたはパリソンを用いるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
3
外面または内面にある一つの層が不連続または不均一なもの,または一つの層が平らでない形状のものから本質的になる積層体;本質的に形状に特徴を有する積層体
26
連続層の横断面の特殊形状を特徴とするもの;くぼみまたは内部空隙を有する層を特徴とするもの
[IPC code unknown for B32B 7/023]
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
06
層の主なまたは唯一の構成要素が上記の物質であり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
異なった種類の合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
18
特別な添加剤の使用を特徴とするもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
1
一体に形成された本体をもつ剛性または準剛性容器,例.金属材料の鋳造,合成樹脂の成形,ガラス状材料のブロー,陶磁器のろくろ製造,パルプ状の繊維材の成形またはシート材における深絞りによるもの
02
内容物注出のために設けられた首部または類似の限定口をもつ瓶または類似の容器
出願人:
日産化学株式会社 NISSAN CHEMICAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都中央区日本橋二丁目5番1号 5-1, Nihonbashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1036119, JP
発明者:
原口 将幸 HARAGUCHI, Masayuki; JP
辻本 晴希 TSUJIMOTO, Haruki; JP
代理人:
特許業務法人はなぶさ特許商標事務所 HANABUSA PATENT & TRADEMARK OFFICE; 東京都千代田区神田駿河台3丁目2番地 新御茶ノ水アーバントリニティ Shin-Ochanomizu Urban Trinity, 2, Kandasurugadai 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010062, JP
優先権情報:
2018-12826005.07.2018JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING ABRASION-RESISTANT HARD COATING FILM
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN FILM DE REVÊTEMENT DUR RÉSISTANT À L'ABRASION
(JA) 耐擦傷性ハードコートフィルムの製造方法
要約:
(EN) [Problem] To provide a method for producing a hard coating film having exceptional abrasion resistance. [Solution] A method for producing an abrasion-resistant hard coating film, the method including at least a step for forming an application film, in which a curable composition that can form a hard coating film is applied to a film substrate, and a step for irradiating the application film with an active energy ray and curing the application film, wherein a solvent included in the curable composition is such that the degree of swelling of the solvent in the film substrate at a standard boiling point is 70% or less.
(FR) La présente invention vise à fournir un procédé de production d'un film de revêtement dur possédant une résistance à l'abrasion exceptionnelle. La solution selon l'invention concerne un procédé de production d'un film de revêtement dur résistant à l'abrasion, le procédé comprenant au moins une étape de formation d'un film d'application, au cours de laquelle une composition durcissable qui peut former un film de revêtement dur est appliquée sur un substrat de film, et une étape d'exposition du film d'application à un rayon d'énergie active et de durcissement du film d'application, un solvant compris dans la composition durcissable étant tel que le degré de gonflement du solvant dans le substrat de film à un point d'ébullition standard est inférieur ou égal à 70 %.
(JA) 【課題】優れた耐擦傷性を有するハードコートフィルムの製造方法を提供すること。 【解決手段】ハードコート層を形成し得る硬化性組成物をフィルム基材上に塗布し塗膜を形成する工程と、該塗膜に活性エネルギー線を照射し硬化する工程とを少なくとも含む耐擦傷性ハードコートフィルムの製造方法であって、前記硬化性組成物に含まれる溶媒は、その標準沸点における前記フィルム基材の溶媒膨潤度が70%以下の溶媒である、耐擦傷性ハードコートフィルムの製造方法。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)