処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2020008922 - 電力変換装置

公開番号 WO/2020/008922
公開日 09.01.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/024841
国際出願日 21.06.2019
IPC
G 物理学
01
測定;試験
R
電気的変量の測定;磁気的変量の測定
15
グループG01R17/00~G01R29/00,G01R33/00~G01R33/26またはG01R35/00に定めた形式の測定装置の細部
14
電圧または電流の絶縁計測に適合するもの,例.高電圧回路または大電流回路用
20
磁電変換素子を使用するもの,例.ホール効果素子
G 物理学
01
測定;試験
R
電気的変量の測定;磁気的変量の測定
19
電流または電圧を測定し,またはそれの存在または符号を指示するための装置
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
M
交流-交流,交流-直流または直流-直流変換装置,および主要な,または類似の電力供給システムと共に使用するための装置:直流または交流入力-サージ出力変換;そのための制御または調整
7
交流入力一直流出力変換;直流入力―交流出力変換
42
直流入力―交流出力変換であって非可逆的なもの
44
静止型変換器によるもの
48
制御電極をもつ放電管または制御電極をもつ半導体装置を用いるもの
G01R 15/20 (2006.01)
G01R 19/00 (2006.01)
H02M 7/48 (2007.01)
CPC
G01R 15/20
G01R 19/00
H02M 7/48
出願人
  • 株式会社日立製作所 HITACHI, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号 6-6, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008280, JP
発明者
  • 難波 明博 NAMBA, Akihiro; JP
代理人
  • 特許業務法人サンネクスト国際特許事務所 SUNNEXT INTERNATIONAL PATENT OFFICE; 東京都品川区東品川二丁目3番12号 シーフォ-トスクエア センタ-ビルディング16階 Seafort Square Center Building, 16F, 2-3-12, Higashishinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo 1400002, JP
優先権情報
2018-12954806.07.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) POWER CONVERSION DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE CONVERSION DE PUISSANCE
(JA) 電力変換装置
要約
(EN)
This power conversion device 500 comprises, in a current sensor 250, a first magnetic core that penetrates a first AC conductor and forms a first gap, a second magnetic core that penetrates a second AC conductor and forms a second gap, and a first current detection element that is disposed so as to straddle the first gap and second gap.
(FR)
L'invention concerne un dispositif de conversion de puissance 500 qui comprend, dans un capteur de courant 250, un premier noyau magnétique qui pénètre dans un premier conducteur CA et forme un premier espace, un second noyau magnétique qui pénètre dans un second conducteur CA et forme un second espace, et un premier élément de détection de courant qui est disposé de façon à chevaucher le premier espace et le second espace.
(JA)
電力変換装置500は、電流センサ250において、第1の交流導体を貫通しかつ第1のギャップを形成する第1の磁性コアと、第2の交流導体を貫通しかつ第2のギャップを形成する第2の磁性コアと、第1のギャップ及び第2のギャップを跨るように配置される第1の電流検出素子と、を備えるようにした。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報