国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020008778) 切削加工機及び切削加工方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/008778 国際出願番号: PCT/JP2019/022104
国際公開日: 09.01.2020 国際出願日: 04.06.2019
IPC:
B23K 26/00 (2014.01) ,B23K 26/08 (2014.01) ,B23K 26/082 (2014.01) ,B23K 26/36 (2014.01) ,B23Q 15/00 (2006.01) ,G05B 19/4093 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
08
レーザービームと加工物の相対移動を有する装置
[IPC code unknown for B23K 26/082]
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
36
材料の除去
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
Q
工作機械の細部;構成部分,または付属装置,例.倣いまたは制御装置;特定の細部または構成部分の構造により特徴づけられる工作機械一般;特定の結果を目的としない金属加工機械の組合わせ
15
工具または工作物の送り運動,切削速度または位置の自動制御または調整
G 物理学
05
制御;調整
B
制御系または調整系一般;このような系の機能要素;このような系または要素の監視または試験装置
19
プログラム制御系
02
電気式
18
数値制御(NC),すなわち,自動的に機械,特に工作機械を作動させるもの,例.数値形式のプログラムデータにより位置決め,運動または共働動作を実行するような製造環境
4093
パートプログラミングに特徴のあるもの,例.パートプログラムと呼ばれるNC機械の制御情報を得るための,技術図面から得られる幾何学的情報の取り込み,これと機械加工および材料の情報との結合
出願人:
株式会社アマダホールディングス AMADA HOLDINGS CO.,LTD. [JP/JP]; 神奈川県伊勢原市石田200番地 200, Ishida, Isehara-shi, Kanagawa 2591196, JP
発明者:
永山 岳大 NAGAYAMA Takehiro; JP
菅野 和宏 KANNO Kazuhiro; JP
代理人:
三好 秀和 MIYOSHI Hidekazu; JP
高橋 俊一 TAKAHASHI Shunichi; JP
伊藤 正和 ITO Masakazu; JP
高松 俊雄 TAKAMATSU Toshio; JP
優先権情報:
2018-12891906.07.2018JP
発明の名称: (EN) CUTTING MACHINE AND CUTTING METHOD
(FR) MACHINE DE COUPE ET PROCÉDÉ DE COUPE
(JA) 切削加工機及び切削加工方法
要約:
(EN) A cutting machine (1) that comprises a machine body (100) and an NC device (200). The NC device (200) has a tool diameter correction amount computation part (201), a processing path computation part (202), and a drive control part (203). The tool diameter correction amount computation part (201): recognizes a non-circular tool path (TP) that is included in processing conditions (CP) and corresponds to a cutting tool that cuts a workpiece (W); determines whether a plurality of processing plane formation locations (MPL or MPR) are on the tool path (TP); and, upon determining that the plurality of processing plane formation locations (MPL or MPR) are on the tool path (TP), selects an arbitrary processing plane formation location (MPL or MPR). The processing plane formation locations (MPL or MPR) are locations on the tool path (TP) at which a tool diameter is greatest. The processing path computation part (202) generates a tool diameter correction control signal (TS). The drive control part (203) controls the machine body (100).
(FR) L'invention concerne une machine de coupe (1) qui comprend un corps de machine (100) et un dispositif NC. Le dispositif NC (200) a une unité de calcul de quantité de correction de diamètre d'outil (201), une unité de calcul de trajectoire de traitement (202) et une unité de commande d'entraînement (203). L'unité de calcul de quantité de correction de diamètre d'outil (201) : reconnaît une trajectoire d'outil non circulaire (TP) qui est incluse dans des conditions de traitement (CP) et correspond à un outil de coupe qui coupe une pièce (W); détermine si une pluralité d'emplacements de formation de plan de traitement (MPL ou MPR) se trouvent sur la trajectoire d'outil (TP); et, lors de la détermination que la pluralité d'emplacements de formation de plan de traitement (MPL ou MPR) se trouve sur la trajectoire d'outil (TP), sélectionne un emplacement de formation de plan de traitement arbitraire (MPL ou MPR). Les emplacements de formation de plan de traitement (MPL ou MPR) sont des emplacements sur la trajectoire d'outil (TP) au niveau desquels un diamètre d'outil est le plus grand. L'unité de calcul de trajectoire de traitement (202) génère un signal de commande de correction de diamètre d'outil (TS). L'unité de commande d'entraînement (203) commande le corps de machine (100).
(JA) 切削加工機(1)は加工機本体(100)とNC装置(200)とを備える。NC装置(200)は工具径補正量演算部(201)と加工軌跡演算部(202)と駆動制御部(203)とを有する。工具径補正量演算部(201)は加工条件(CP)に含まれる工具軌跡(TP)を認識し、工具軌跡(TP)に複数の加工面形成位置(MPLまたはMPR)が存在するか否かを判定し、複数の加工面形成位置(MPLまたはMPR)が存在すると判定された場合に任意の加工面形成位置(MPLまたはMPR)を選択する。工具軌跡(TP)は加工対象物(W)を切削加工する切削工具に相当し、かつ、非円形状を有する。加工面形成位置(MPLまたはMPR)は工具軌跡(TP)において工具径が最大となる位置である。加工軌跡演算部(202)は工具径補正制御信号(TS)を生成する。駆動制御部(203)は加工機本体(100)を制御する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)