処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2020008520 - 空気調和機および圧縮機

公開番号 WO/2020/008520
公開日 09.01.2020
国際出願番号 PCT/JP2018/025180
国際出願日 03.07.2018
IPC
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25
冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B
冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
1
不可逆サイクルによる圧縮式機械,プラントまたはシステム
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
B
液体用容積形機械;ポンプ
39
圧縮性流体に特に適合したポンプまたはポンプ系の部品、細部または付属品で、グループ25/00から37/00に分類されない,またはそれらのグループにはない注目すべきもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
29
グループ18/00から28/00に分類されないまたは上記グループにはない注目すべき,圧縮性流体に特に適したポンプまたはポンプ装置の部品,細部または付属品
02
潤滑;潤滑材の分離
F25B 1/00 (2006.01)
F04B 39/00 (2006.01)
F04C 29/02 (2006.01)
CPC
F04B 39/00
F04C 29/02
F25B 1/00
出願人
  • 三菱電機株式会社 MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 7-3, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008310, JP
発明者
  • 平塚 研吾 HIRATSUKA, Kengo; JP
  • 外山 悟 TOYAMA, Satoru; JP
  • 前山 英明 MAEYAMA, Hideaki; JP
代理人
  • 村上 加奈子 MURAKAMI, Kanako; JP
  • 松井 重明 MATSUI, Jumei; JP
  • 倉谷 泰孝 KURATANI, Yasutaka; JP
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) AIR CONDITIONER AND COMPRESSOR
(FR) CLIMATISEUR ET COMPRESSEUR
(JA) 空気調和機および圧縮機
要約
(EN)
The purpose of the present invention is to provide an air conditioner in which there is used a refrigerant that includes iodocarbon, wherein decomposition of the refrigerant can be suppressed and performance can be maintained. A lubricant in which the number of oxygen atoms in the chemical structure relative to the number of carbon atoms is 1/6 or greater is used in a compressor of the air conditioner. Bringing the refrigerant that includes iodocarbon and the lubricant in the compressor into contact with each other suppresses decomposition of the refrigerant.
(FR)
Le but de la présente invention est de fournir un climatiseur dans lequel on utilise un réfrigérant qui comprend de l'iodocarbone, la décomposition du réfrigérant pouvant être supprimée et la performance pouvant être maintenue. Un lubrifiant dans lequel le nombre d'atomes d'oxygène dans la structure chimique par rapport au nombre d'atomes de carbone est de 1/6 ou plus est utilisé dans un compresseur du climatiseur. Le fait d'amener le réfrigérant qui comprend l'iodocarbone et le lubrifiant dans le compresseur en contact l'un avec l'autre supprime la décomposition du réfrigérant.
(JA)
ヨードカーボンを含む冷媒を用いた空気調和機において、冷媒の分解を抑制し、性能維持が可能な空気調和機の提供を目的とする。化学構造中の酸素原子数が炭素原子数に対して1/6以上である潤滑油を空気調和機の圧縮機に用いる。ヨードカーボンを含む冷媒と圧縮機の潤滑油とが接触することにより、冷媒の分解が抑制される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報