処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2020008512 - 摩擦撹拌点接合装置の裏当て部材、摩擦撹拌点接合装置、摩擦撹拌点接合方法及び継手構造

公開番号 WO/2020/008512
公開日 09.01.2020
国際出願番号 PCT/JP2018/025130
国際出願日 03.07.2018
IPC
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
20
加熱するかまたは加熱することなく,衝撃または他の圧力を加えることによる非電気的接合,例.クラッド法または被せ金法
12
熱が摩擦により発生されるもの;摩擦接合
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
37
このサブクラスの他のメイングループの1つのみによりカバーされる1つの工程に特に適合しない補助装置または方法
06
溶融金属の位置ぎめのためのもの,例.望ましい区域内に保持するためのもの
B23K 20/12 (2006.01)
B23K 37/06 (2006.01)
CPC
B23K 20/12
B23K 37/06
出願人
  • 川崎重工業株式会社 KAWASAKI JUKOGYO KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 兵庫県神戸市中央区東川崎町3丁目1番1号 1-1, Higashikawasaki-cho 3-chome, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6508670, JP
発明者
  • 村松 良崇 MURAMATSU, Yoshitaka; --
  • 大橋 良司 OHASHI, Ryoji; --
  • 三宅 将弘 MIYAKE, Masahiro; --
  • 福田 拓也 FUKUDA, Takuya; --
代理人
  • 特許業務法人 有古特許事務所 PATENT CORPORATE BODY ARCO PATENT OFFICE; 兵庫県神戸市中央区東町123番地の1 貿易ビル3階 3rd Fl., Bo-eki Bldg., 123-1, Higashimachi, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6500031, JP
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) BACKING MEMBER FOR FRICTION STIR SPOT WELDING DEVICE, FRICTION STIR SPOT WELDING DEVICE, FRICTION STIR SPOT WELDING METHOD, AND JOINT STRUCTURE
(FR) ÉLÉMENT DE SUPPORT POUR DISPOSITIF DE SOUDAGE PAR POINTS PAR FRICTION-MALAXAGE, DISPOSITIF DE SOUDAGE PAR POINTS PAR FRICTION-MALAXAGE, PROCÉDÉ DE SOUDAGE PAR POINTS PAR FRICTION-MALAXAGE, ET STRUCTURE D'ARTICULATION
(JA) 摩擦撹拌点接合装置の裏当て部材、摩擦撹拌点接合装置、摩擦撹拌点接合方法及び継手構造
要約
(EN)
This backing member for a friction stir spot welding device is provided with a support surface that comes into contact with the back surface of an overlapping portion of a plurality of sheet members. The support surface includes: a base surface which holds the overlapping portion between a shoulder portion of a tool and the base surface; and a projected surface which is projected further toward the overlapping portion side than the base surface, and holds the overlapping portion between a pin part of the tool and the projected surface.
(FR)
Le présent élément de support pour un dispositif de soudage par points à friction-malaxage est pourvu d'une surface de support qui vient en contact avec la surface arrière d'une partie chevauchante d'une pluralité d'éléments en feuille. La surface de support comprend : une surface de base qui maintient la partie de chevauchement entre une partie d'épaulement d'un outil et la surface de base ; et une surface projetée qui est projetée davantage vers le côté de partie de chevauchement par rapport à la surface de base, et maintient la partie de chevauchement entre une partie de broche de l'outil et la surface projetée.
(JA)
摩擦撹拌点接合装置の裏当て部材は、複数の板材の重ね合わせ部の裏面に当接する支持面を備え、前記支持面は、ツールのショルダ部との間で前記重ね合わせ部を挟むベース面と、前記ベース面よりも前記重ね合わせ部側に突出し、前記ツールのピン部との間で前記重ね合わせ部を挟む凸面とを有する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報