国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020004668) 分離剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/004668 国際出願番号: PCT/JP2019/026134
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 01.07.2019
IPC:
C07K 17/00 (2006.01) ,C07K 16/42 (2006.01) ,G01N 33/48 (2006.01) ,C12N 15/13 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
17
担体結合または固定化されたペプチド;その調製
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
42
免疫グロブリンに対するもの(抗イディオタイプ抗体)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
12
動物蛋白質をコードする遺伝子
13
免疫グロブリン
出願人:
国立大学法人京都工芸繊維大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KYOTO INSTITUTE OF TECHNOLOGY [JP/JP]; 京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町1番地 1, Matsugasaki Hashikami-cho, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6068585, JP
株式会社ダイセル DAICEL CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市北区大深町3番1号 3-1, Ofuka-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300011, JP
発明者:
熊田 陽一 KUMADA, Yoichi; JP
大倉 裕道 OKURA, Hiromichi; JP
内村 誠一 UCHIMURA, Seiichi; JP
代理人:
丹羽 武司 NIWA, Takeshi; JP
佐貫 伸一 SANUKI, Shinichi; JP
菅家 博英 KANKE, Hirohide; JP
今堀 克彦 IMABORI, Katsuhiko; JP
優先権情報:
2018-12397829.06.2018JP
発明の名称: (EN) SEPARATING AGENT
(FR) AGENT DE SÉPARATION
(JA) 分離剤
要約:
(EN) [Problem] To provide a separating agent with enhanced dynamic binding capacity (DBC) with respect to a target substance. [Solution] Said problem is solved by a separating agent comprising a carrier and a protein, wherein the protein is a predetermined protein, and the surface of the carrier and the added lysine residue in the protein are bonded via chemical bonding.
(FR) Le problème décrit par la présente invention est de fournir un agent de séparation ayant une capacité de liaison dynamique améliorée (DBC) par rapport à une substance cible. La solution selon l'invention porte sur un agent de séparation comprenant un véhicule et une protéine, la protéine étant une protéine prédéterminée, et la surface du véhicule et le résidu de lysine ajouté dans la protéine étant liés par liaison chimique.
(JA) 本発明の課題は、目的物質に対する動的結合量(DBC)が向上した分離剤の提供であり、該課題を、担体とタンパク質とを含む分離剤であって、該タンパク質は、所定のタンパク質であり、該担体の表面と該タンパク質における該付加されたリジン残基とが化学結合によって結合している、分離剤で解決する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)