国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020004577) 合わせガラス用中間膜および合わせガラス
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/004577 国際出願番号: PCT/JP2019/025680
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 27.06.2019
IPC:
C03C 27/12 (2006.01) ,B32B 17/10 (2006.01) ,B32B 27/00 (2006.01) ,B32B 27/08 (2006.01) ,B32B 27/22 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01) ,B60J 1/00 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27
ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06
融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
10
目的に特に適する接着物によるもの
12
合わせガラス
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17
本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06
層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
10
合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
06
層の主なまたは唯一の構成要素が上記の物質であり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
異なった種類の合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
18
特別な添加剤の使用を特徴とするもの
22
可塑剤を用いるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
J
車両の窓,風防ガラス,非固定式の屋根,扉または同類の装置;車両に特に適した,取外し可能な外部保護カバー(これらの留め具,吊り具,閉鎖具,開放具E05)
1
窓;風防ガラス;そのための付属装置
出願人:
株式会社クラレ KURARAY CO., LTD. [JP/JP]; 岡山県倉敷市酒津1621番地 1621, Sakazu, Kurashiki-shi, Okayama 7100801, JP
発明者:
有嶋 裕之 ARISHIMA, Hiroyuki; JP
代理人:
山尾 憲人 YAMAO, Norihito; JP
森住 憲一 MORIZUMI, Ken-Ichi; JP
優先権情報:
2018-12459429.06.2018JP
発明の名称: (EN) INTERLAYER FILM FOR LAMINATED GLASS, AND LAMINATED GLASS
(FR) FILM INTERCOUCHE POUR VERRE FEUILLETÉ, ET VERRE FEUILLETÉ
(JA) 合わせガラス用中間膜および合わせガラス
要約:
(EN) The present invention relates to an interlayer film for laminated glass, including an A layer, a C layer, and an A layer in this order, and including a B layer at any location between or on the outside of the layers, wherein the A layer contains a first thermoplastic resin, the resin material constituting the A layer has a peak at which tan δ is at maximum at -30°C to 10°C, tan δ being measured in accordance with JIS K 7244-10:2005 under conditions of a frequency of 1 Hz, the height of the peak of the resin material of at least one of the A layers is 1.5 or greater, the C layer has a thickness of 0.1 mm to 1.5 mm and comprises inorganic glass, or has a thickness of 0.25 mm to 2.5 mm and contains a third thermoplastic resin, the resin material constituting the C layer when the C layer contains a third thermoplastic resin has a tensile storage modulus at 0°C of 1.0 GPa or greater, the tensile storage modulus being measured in accordance with JIS K 7244-4:1999 under conditions of a frequency of 0.3 Hz, and the B layer contains a second thermoplastic resin and is constituted from a resin material different from the resin material constituting the A layers.
(FR) La présente invention concerne un film intercouche pour verre feuilleté, comprenant une couche A, une couche C et une couche A dans cet ordre, et comprenant une couche B à n'importe quel emplacement entre ou sur l'extérieur des couches, la couche B contenant une première résine thermoplastique, le matériau de résine constituant la couche A a un pic auquel le tan δ est au maximum à -30 °C à 10 °C, le tan δ étant mesuré conformément à JIS K 7244-10:2005 dans des conditions d'une fréquence de 1 Hz, la hauteur du pic du matériau de résine d'au moins l'une des couches A est de 1,5 ou plus, la couche C a une épaisseur de 0,1 mm à 1,5 mm et comprend du verre inorganique, ou a une épaisseur de 0,25 mm à 2,5 mm et contient une troisième résine thermoplastique, le matériau de résine constituant la couche C lorsque la couche C contient une troisième résine thermoplastique a un module de stockage en traction à 0 °C de 1,0 GPa ou plus, le module de stockage en traction étant mesuré conformément à JIS K 7244-4:1999 dans des conditions d'une fréquence de 0,3 Hz, et la couche B contient une seconde résine thermoplastique et est constituée d'un matériau de résine différent du matériau de résine constituant les couches A.
(JA) 本発明は、A層、C層、A層をこの順に含み、これらの層の間又は外側の任意の箇所にB層を含む合わせガラス用中間膜であって、A層は第1熱可塑性樹脂を含有する層であり、A層を構成する樹脂材料はJIS K 7244-10:2005に準じて周波数1Hzの条件で測定されるtanδが最大となるピークを-30℃~10℃に有し、A層の少なくとも1層の樹脂材料の該ピークの高さは1.5以上であり、C層は厚さ0.1mm~1.5mmの無機ガラスからなる層であるか又は厚さ0.25mm~2.5mmの第3熱可塑性樹脂を含有する層であり、C層が第3熱可塑性樹脂を含有する層の場合のC層を構成する樹脂材料はJIS K 7244-4:1999に準じて周波数0.3Hzの条件で測定される0℃での引張貯蔵弾性率が1.0GPa以上であり、B層は第2熱可塑性樹脂を含有する層であり、A層を構成する樹脂材料とは異なる樹脂材料で構成されている、合わせガラス用中間膜に関する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)