国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020004443) 多環性カルバモイルピリドン誘導体を含有するアレナウイルス増殖阻害剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/004443 国際出願番号: PCT/JP2019/025312
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 26.06.2019
IPC:
A61K 31/5383 (2006.01) ,A61K 31/4985 (2006.01) ,A61K 31/53 (2006.01) ,A61K 31/5365 (2006.01) ,A61K 31/551 (2006.01) ,A61P 31/14 (2006.01) ,C07D 471/04 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
535
環異種原子として少なくとも1個の窒素及び1個の酸素を有する6員環を持つもの,例.1,2-オキサジン
5375
1,4-オキサジン,例.モルホリン
5383
複素環系とオルソ又はペリ縮合したもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495
環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
4985
複素環系とオルト又はペリ縮合したピラジン又はピペラジン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
53
環異種原子として3個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.クロラザニル,メラミン,
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
535
環異種原子として少なくとも1個の窒素及び1個の酸素を有する6員環を持つもの,例.1,2-オキサジン
5365
複素環系とオルソ又はペリ縮合したもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
55
7員環を持つもの,例.アゼラスチン,ペンチレンテトラゾール
551
環異種原子として2個の窒素原子を持つもの,例.クロザピン,ジラゼプ
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
31
抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤
12
抗ウィルス剤
14
RNAウィルスに対するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
471
縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,少なくとも1個の環が1個の窒素原子をもつ6員環であり,451/00から463/00に属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソー縮合系
出願人:
国立大学法人北海道大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION HOKKAIDO UNIVERSITY [JP/JP]; 北海道札幌市北区北8条西5丁目 Kita 8-jyo Nishi 5-chome, Kita-ku, Sapporo-shi, Hokkaido 0600808, JP
塩野義製薬株式会社 SHIONOGI & CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区道修町3丁目1番8号 1-8, Doshomachi 3-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
発明者:
石井 秋宏 ISHII Akihiro; JP
佐藤 彰彦 SATO Akihiko; JP
河井 真 KAWAI Makoto; JP
垰田 善之 TAODA Yoshiyuki; JP
代理人:
杉田 健一 SUGITA Ken-ichi; JP
渡部 秀昭 WATANABE Hideaki; JP
優先権情報:
2018-12246727.06.2018JP
発明の名称: (EN) ARENAVIRUS GROWTH INHIBITOR COMPRISING POLYCYCLIC CARBAMOYL PYRIDONE DERIVATIVE
(FR) INHIBITEUR DE LA CROISSANCE D'ARÉNAVIRUS COMPRENANT UN DÉRIVÉ DE CARBAMOYLPYRIDONE POLYCYCLIQUE
(JA) 多環性カルバモイルピリドン誘導体を含有するアレナウイルス増殖阻害剤
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a compound having an antiviral effect, in particular, an activity of inhibiting the growth of an arenavirus, and/or a medicine comprising the compound. An arenavirus growth inhibitor that comprises a compound represented by formula (I) [wherein: R1 represents carboxy, etc.; A3 represents CR2 or N; R2 represents a hydrogen atom, halogen, hydroxy, etc.; R3 represents a hydrogen atom, hydroxy, carboxy, cyano, formyl, an alkyl optionally substituted by substituents F, etc.; one of A1 and A2 represents CR5R6 while the other represents NR7, or A1 represents CR8R9 and A2 represents CR10R11; and R5, R6, R7, R8, R9, R10 and R11 independently represent a a hydrogen atom, carboxy, cyano, an alkyl optionally substituted by substituents F, etc.], a prodrug thereof or a pharmaceutically acceptable salt of the same.
(FR) L'objectif de la présente invention est de fournir un composé possédant un effet antiviral, en particulier une activité d'inhibition de la croissance d'un arénavirus, et/ou un médicament comprenant le composé. L'invention concerne un inhibiteur de la croissance d'arénavirus qui comprend un composé représenté par la formule (I) [dans laquelle : R1 représente carboxy, etc. ; A3 représente CR2 ou N ; R2 représente un atome d'hydrogène, un halogène, un hydroxy, etc. ; R3 représente un atome d'hydrogène, un hydroxy, un carboxy, un cyano, un formyle, un alkyle éventuellement substitué par des substituants F, etc. ; A1 ou A2 représente CR5R6 tandis que l'autre représente NR7, ou A1 représente CR8R9 et A2 représente CR10R11 ; et R5, R6, R7, R8, R9, R10 et R11 représentent indépendamment un atome d'hydrogène, un carboxy, un cyano, un alkyle éventuellement substitué par des substituants F, etc.], son promédicament ou son sel pharmaceutiquement acceptable.
(JA) 本発明は、抗ウイルス作用、特にアレナウイルスの増殖抑制活性を有する化合物、および/または該化合物を含有する医薬を提供することである。式(I):(式中、R1は、カルボキシ等であり;A3は、CR2またはNであり;R2は、水素原子、ハロゲン、ヒドロキシ等であり;R3は、水素原子、ヒドロキシ、カルボキシ、シアノ、ホルミル、置換基群Fで置換されていてもよいアルキル等であり;A1およびA2は、いずれか一方がCR5R6、ならびに他方がNR7であるか、またはA1がCR8R9、およびA2がCR10R11であり;R5、R6、R7、R8、R9、R10、およびR11は、それぞれ独立して、水素原子、カルボキシ、シアノ、置換基群Fで置換されていてもよいアルキル等である)で示される化合物もしくはそのプロドラッグまたはその製薬上許容される塩、を含有するアレナウイルス増殖阻害剤。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)