国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020004425) インフルエンザウイルスの培養方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/004425 国際出願番号: PCT/JP2019/025252
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 25.06.2019
IPC:
C12N 7/00 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
7
ウイルス,例.バクテリオファージ;それを含む組成物;その調製または精製
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
出願人:
一般財団法人阪大微生物病研究会 THE RESEARCH FOUNDATION FOR MICROBIAL DISEASES OF OSAKA UNIVERSITY [JP/JP]; 大阪府吹田市山田丘3番1号 大阪大学内 c/o OSAKA UNIVERSITY, 3-1, Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 5650871, JP
発明者:
堀越 史朗 HORIKOSHI, Fumiaki; JP
藤本 貴男 FUJIMOTO, Takao; JP
魚谷 多恵 UOTANI, Tae; JP
執行 康平 SHIGYO, Kouhei; JP
山口 喜之 YAMAGUCHI, Yoshiyuki; JP
西山 渚紗 NISHIYAMA, Nagisa; JP
西原 峻也 NISHIHARA, Shunya; JP
立川 遼 TACHIKAWA, Ryo; JP
藤田 武 FUJITA, Takeshi; JP
前川 ゆきえ MAEKAWA, Yukie; JP
代理人:
庄司隆 SHOJI, Takashi; JP
資延由利子 SUKENOBU, Yuriko; JP
大杉 卓也 OHSUGI, Takuya; JP
優先権情報:
2018-12173927.06.2018JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR CULTURING INFLUENZA VIRUS
(FR) PROCÉDÉ DE CULTURE DU VIRUS DE LA GRIPPE
(JA) インフルエンザウイルスの培養方法
要約:
(EN) Provided is a method for culturing the influenza virus using MDCK cells as a host, wherein the influenza virus is cultured more efficiently. The influenza virus is inoculated under protease-free medium conditions after the MDCK cells have passed the logarithmic growth phase. Aggregation and damage of MDCK cells by protease can be prevented, and the influenza virus can be cultured efficiently. In addition, a higher yield of viral protein is expected than when the influenza virus is grown using chicken eggs as the host.
(FR) L'invention concerne un procédé de culture du virus de la grippe à l'aide de cellules MDCK en tant qu'hôte, le virus de la grippe étant cultivé plus efficacement. Le virus de la grippe est inoculé dans des conditions de milieu sans protéase une fois que les cellules MDCK ont dépassé la phase de croissance logarithmique. L'agrégation et l'endommagement des cellules MDCK par la protéase peuvent être empêchés, et le virus de la grippe peut être cultivé efficacement. De plus, un rendement de protéine virale supérieur au rendement obtenu lorsque le virus de la grippe est cultivé à l'aide d'œufs de poule en tant qu'hôte est escompté.
(JA) MDCK細胞を宿主とするインフルエンザウイルスの培養方法において、より効率的にインフルエンザウイルスを培養する方法を提供する。 MDCK細胞が対数増殖期を超えた後、プロテアーゼを含まない培地条件下でインフルエンザウイルスを接種することによる。 プロテアーゼによるMDCK細胞の凝集や損傷を防ぎ、効率的にインフルエンザウイルスを培養することができる。更に、鶏卵を宿主としてインフルエンザウイルスを増殖させるよりも、高い収量のウイルスタンパク質が予想される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)