国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020004286) 中空エンジンバルブの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/004286 国際出願番号: PCT/JP2019/024806
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 21.06.2019
IPC:
B21K 1/22 (2006.01) ,B21D 22/16 (2006.01) ,B21D 53/10 (2006.01) ,B21J 1/04 (2006.01) ,B21J 1/06 (2006.01) ,B21J 5/06 (2006.01) ,B21J 5/08 (2006.01) ,C21D 9/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
K
鍛造またはプレス製品の製造,例.馬蹄,リベット,ボルト,車輪
1
機械要素の製造
20
弁部品
22
ポペット弁,例.内燃機関用
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
22
型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
14
へら絞り
16
マンドレルまたは成形型上で成形するもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
53
他の特定物品の製造
10
ベアリングの部品;スリーブ;バルブの座または類似のもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
J
鍛造;ハンマーリング;プレス;リベット締め;鍛造炉
1
金属材料の調整
04
鍛造またはプレスのみによって未仕上げ状態に成形
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
J
鍛造;ハンマーリング;プレス;リベット締め;鍛造炉
1
金属材料の調整
06
鍛治またはプレス操作をおこなうため特に用いられる加熱冷却方法または装置
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
J
鍛造;ハンマーリング;プレス;リベット締め;鍛造炉
5
鍛造,ハンマリングまたはプレスの方法;そのための特殊な装置または付属品
06
特定の操作をおこなうもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
J
鍛造;ハンマーリング;プレス;リベット締め;鍛造炉
5
鍛造,ハンマリングまたはプレスの方法;そのための特殊な装置または付属品
06
特定の操作をおこなうもの
08
すえ込み
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
出願人:
株式会社東亜鍛工所 TOA FORGING CO., LTD. [JP/JP]; 三重県三重郡川越町大字豊田688番地1 688-1, Oaza-Toyoda, Kawagoe-cho, Mie-gun Mie 5108122, JP
発明者:
池田 敏夫 IKEDA Toshio; JP
木村 守利 KIMURA Moritoshi; JP
渡部 豊 WATANABE Yutaka; JP
代理人:
小島 清路 KOJIMA Seiji; JP
優先権情報:
2018-12368628.06.2018JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR MANUFACTURING HOLLOW ENGINE VALVE
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE SOUPAPE DE MOTEUR CREUSE
(JA) 中空エンジンバルブの製造方法
要約:
(EN) Provided is a method for manufacturing a hollow engine valve, whereby the surface state of an inside surface for forming a hollow hole is satisfactory, and the volume of the hollow hole can be increased. This manufacturing method is provided with a forging step (S3) for obtaining an intermediate component (7) provided with a cylindrical part (8B) and a half-umbrella-shaped part (9B) continuous with a shaft-end side of the cylindrical part by a forging process, a heat treatment step (S4) for heat treating the intermediate component for a heating retention time (t2) determined in accordance with the wall thickness (t) of the cylindrical part (8B) to soften the intermediate components, a spinning step (S5) for elongating the cylindrical part of the heat-treated intermediate component in the axial direction by a spinning process, and a necking step (S6) for forming a shaft part (2) and an umbrella-shaped part (3) by reducing the diameter of the axially elongated cylindrical part by a drawing process.
(FR) L'invention concerne un procédé de fabrication d'une soupape de moteur creuse, l'état de surface d'une surface intérieure permettant de former un trou creux étant satisfaisant et le volume du trou creux pouvant être augmenté. Ce procédé de fabrication comporte une étape de forgeage (S3) destinée à obtenir un composant intermédiaire (7) doté d'une partie cylindrique (8B) et d'une partie en forme de demi-parapluie (9B) continue avec un côté d'extrémité d'arbre de la partie cylindrique par un processus de forgeage, une étape de traitement thermique (S4) destinée à traiter thermiquement le composant intermédiaire pour une durée de rétention de chauffage (t2) déterminée en fonction de l'épaisseur de paroi (t) de la partie cylindrique (8B) pour ramollir les composants intermédiaires, une étape de filage (S5) destinée à allonger la partie cylindrique du composant intermédiaire traité thermiquement dans la direction axiale par un processus de filage et une étape de striction (S6) destinée à former une partie arbre (2) et une partie en forme de parapluie (3) en réduisant le diamètre de la partie cylindrique allongée axialement par un processus d'étirage.
(JA) 中空孔を形成する内面での表面状態が良好であるとともに、中空孔の容積を大きくすることができる中空エンジンバルブの製造方法を提供する。本製造方法は、鍛造加工により、円筒状部(8B)及び該円筒状部の軸端側に連なる半傘状部(9B)を備える中間部品(7)を得る鍛造工程(S3)と、中間部品を軟化させるために円筒状部(8B)の肉厚(t)に応じて決められる加熱保持時間(t2)で熱処理する熱処理工程(S4)と、熱処理された中間部品の円筒状部をスピニング加工により軸方向に延伸するスピニング工程(S5)と、軸方向に延伸された円筒状部を絞り加工により縮径することで、軸部(2)及び傘状部(3)を形成するネッキング工程(S6)と、を備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)