処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2020004119 - 難燃性材料

公開番号 WO/2020/004119
公開日 02.01.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/023988
国際出願日 18.06.2019
IPC
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
101
不特定の高分子化合物の組成物
[IPC code unknown for C08K 3/016]
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
40
ガラス
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
83
主鎖のみにいおう,窒素,酸素または炭素を含みまたは含まずにけい素を含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
04
ポリシロキサン
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
21
防火用物質
02
無機物質
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
21
防火用物質
02
無機物質
04
りんを含むもの
C08L 101/00 (2006.01)
C08K 3/016 (2018.01)
C08K 3/40 (2006.01)
C08L 83/04 (2006.01)
C09K 21/02 (2006.01)
C09K 21/04 (2006.01)
CPC
C08K 3/016
C08K 3/40
C08L 101/00
C08L 83/04
C09K 21/02
C09K 21/04
出願人
  • 日東電工株式会社 NITTO DENKO CORPORATION [JP/JP]; 大阪府茨木市下穂積1丁目1番2号 1-1-2, Shimohozumi, Ibaraki-shi, Osaka 5678680, JP
発明者
  • 杉野 裕介 SUGINO Yusuke; JP
  • 井元 崇 IMOTO Takashi; JP
  • 川西 大介 KAWANISHI Daisuke; JP
  • 木下 真優 KINOSHITA Mayu; JP
代理人
  • 籾井 孝文 MOMII Takafumi; JP
優先権情報
2018-12186427.06.2018JP
2019-10577306.06.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FLAME RETARDANT MATERIAL
(FR) MATÉRIAU IGNIFUGE
(JA) 難燃性材料
要約
(EN)
Provided is a novel flame retardant material having excellent flame retardancy. In one embodiment of the present invention, the flame retardant material is formed from a resin composition (A) comprising a binder resin, a low melting point inorganic substance, and a high melting point inorganic substance. In another embodiment of the present invention, the flame retardant material is formed from a resin composition (B) comprising a binder resin generating by heating a high melting point inorganic substance, and a low melting point inorganic substance.
(FR)
L'invention concerne un matériau ignifuge présentant d'excellentes propriétés d'ininflammabilité. Dans un mode de réalisation de cette invention, le matériau ignifuge est formé à partir d'une composition (A) de revêtement comportant une résine liante, une substance inorganique à faible point de fusion et une substance inorganique à point de fusion élevé. Dans un autre mode de réalisation de cette invention, le matériau ignifuge est formé à partir d'une composition (B) de résine comportant une résine liante pour générer par chauffage une substance inorganique à point de fusion élevée, et une substance inorganique à faible point de fusion.
(JA)
難燃性に優れる新たな難燃性材料を提供する。 本発明の一つの実施形態の難燃性材料は、バインダー樹脂、低融点無機物、高融点無機物を有する樹脂組成物(A)から形成される。本発明の別の一つの実施形態の難燃性材料は、加熱によって高融点無機物を生成するバインダー樹脂および低融点無機物を有する樹脂組成物(B)から形成される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報