国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020004095) カーボンナノチューブ分散液及びその利用
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/004095 国際出願番号: PCT/JP2019/023816
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 17.06.2019
IPC:
C01B 32/174 (2017.01) ,B01J 23/889 (2006.01) ,H01M 4/62 (2006.01)
[IPC code unknown for C01B 32/174]
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
76
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
84
ひ素,アンチモン,ビスマス,バナジウム,ニオブ,タンタル,ポロニウム,クロム,モリブデン,タングステン,マンガン,テクネチウムまたはレニウムと結合したもの
889
マンガン,テクネチウムまたはレニウム
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
62
固形活物質中の不活性材料成分の選択,例.結着剤,充填剤
出願人:
東洋インキSCホールディングス株式会社 TOYO INK SC HOLDINGS CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区京橋二丁目2番1号 2-1, Kyobashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048377, JP
トーヨーカラー株式会社 TOYOCOLOR CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区京橋二丁目2番1号 2-1, Kyobashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048381, JP
発明者:
森田 雄 MORITA Yu; JP
枡岡 友明 MASUOKA Tomoaki; JP
代理人:
三好 秀和 MIYOSHI Hidekazu; JP
伊藤 正和 ITO Masakazu; JP
高松 俊雄 TAKAMATSU Toshio; JP
優先権情報:
2018-12274828.06.2018JP
発明の名称: (EN) CARBON NANOTUBE DISPERSION AND USAGE THEREFOR
(FR) DISPERSION DE NANOTUBES DE CARBONE ET SON PROCÉDÉ DE PRÉPARATION
(JA) カーボンナノチューブ分散液及びその利用
要約:
(EN) A carbon nanotube dispersion including a carbon nanotube, a solvent, and a dispersant. A highly conductive electrode film can be produced as a result of the carbon nanotube using a carbon nanotube dispersion satisfying (1), (2), and (3). (1) The average outer diameter is more than 3 nm and less than 10 nm. (2) A peak is present in a powder X-ray refractive analysis at a refractive angle of 2θ = 25° ± 2° and the half-value width of the peak is 3–6°. (3) When the maximum peak intensity within the range 1,560–1,600 cm–1 in a Raman spectrum is G and the maximum peak intensity within the range of 1,310–1,350 cm–1 is D, the G/D ratio is 0.5–4.5.
(FR) L'invention concerne une dispersion de nanotubes de carbone comprenant un nanotube de carbone, un solvant et un dispersant. Un film d'électrode hautement conducteur peut être produit grâce à l'utilisation d'un nanotube de carbone utilisant une dispersion de nanotube de carbone satisfaisant (1), (2), et (3). (1) Le diamètre externe moyen est supérieur à 3 nm et inférieur à 10 nm. (2) Un pic est présent dans une analyse de diagnostic réfractif par rayons X sur poudre à un angle de réfraction de 2θ = 25° ± 2° et la largeur de demi-valeur du pic est de 3 à 6°. (3) Lorsque l'intensité maximale de pic dans la plage de 1560 à 1600 cm–1 dans un spectre Raman est G et l'intensité maximale de pic à l'intérieur de la plage de 1310 à 1350 cm–1 est D, le rapport G/D est de 0,5 à 4,5.
(JA) カーボンナノチューブと、溶媒と、分散剤とを含むカーボンナノチューブ分散液であって、前記カーボンナノチューブが下記(1)、(2)及び(3)を満たすカーボンナノチューブ分散液を用いることで導電性の高い電極膜を作製することができる。 (1)平均外径が3nmを超えて10nm未満であること。 (2)粉末X線回折分析において、回折角2θ=25°±2°にピークが存在し、そのピークの半価幅が3°~6°であること。 (3)ラマンスペクトルにおいて1560~1600cm-1の範囲内での最大ピーク強度をG、1310~1350cm-1の範囲内での最大ピーク強度をDとした際にG/D比が0.5~4.5であること。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)