国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020004043) α-アジドアニリン誘導体又はα,α'-ジアジド誘導体の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/004043 国際出願番号: PCT/JP2019/023333
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 12.06.2019
IPC:
C07C 247/16 (2006.01) ,B01J 27/055 (2006.01) ,B01J 31/04 (2006.01) ,C07C 227/18 (2006.01) ,C07C 229/60 (2006.01) ,C07C 247/18 (2006.01) ,C07D 235/26 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
247
アジド基を含有する化合物
16
アジド基が炭素骨格の6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
27
ハロゲン,硫黄,セレン,テルル,りん,窒素またはそれらの化合物からなる触媒;炭素化合物からなる触媒
02
硫黄,セレンまたはテルル;その化合物
053
硫酸塩
055
アルカリ金属,銅,金または銀を有するもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
31
水素化物,配位錯体または有機化合物からなる触媒(重合反応においてのみ使用される触媒組成物C08)
02
有機化合物または金属水素化物を含有するもの
04
カルボン酸またはその塩を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
227
同じ炭素骨格に結合しているアミノ基とカルボキシル基を含有する化合物の製造
14
すでにアミノ基とカルボキシル基を含有している化合物またはその誘導体からのもの
18
アミノ基またはカルボキシル基が関与する反応によるもの,例.エステルまたはアミドの加水分解,ハライド,塩またはエステルの形成
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
229
同じ炭素骨格に結合しているアミノ基とカルボキシル基を含有する化合物
52
同じ炭素骨格の6員芳香環の炭素原子に結合しているアミノ基とカルボキシル基をもつもの
54
同じ非縮合6員芳香環の炭素原子に結合しているアミノ基とカルボキシル基をもつもの
60
メタまたはパラ位に結合しているアミノ基とカルボキシル基をもつもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
247
アジド基を含有する化合物
16
アジド基が炭素骨格の6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
18
さらにカルボキシル基で置換されているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
235
他の環と縮合した1,3―ジアゾール環または水素添加した1,3―ジアゾール環からなる複素環式化合物
02
炭素環または環系と縮合しているもの
04
ベンズイミダゾール;水素添加したベンズイミダゾール
24
2位に直接結合する,異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が2位に直接結合したもの
26
酸素原子
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
株式会社トクヤマ TOKUYAMA CORPORATION [JP/JP]; 山口県周南市御影町1番1号 1-1, Mikage-cho, Shunan-shi, Yamaguchi 7458648, JP
発明者:
関 雅彦 SEKI Masahiko; JP
代理人:
特許業務法人SSINPAT SSINPAT PATENT FIRM; 東京都品川区西五反田七丁目13番6号 五反田山崎ビル6階 Gotanda Yamazaki Bldg. 6F, 13-6, Nishigotanda 7-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1410031, JP
優先権情報:
2018-12281128.06.2018JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING α-AZIDOANILINE DERIVATIVE OR α, α'-DIAZIDE DERIVATIVE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN DÉRIVÉ DE α-AZIDOANILINE OU D'UN DÉRIVÉ DE α, α'-DIAZIDE
(JA) α-アジドアニリン誘導体又はα,α'-ジアジド誘導体の製造方法
要約:
(EN) The present invention provides a method which uses an aniline derivative as a starting material, and which is capable of producing an α-azidoaniline derivative or an α, α'-diazide derivative. The present invention comprises a method for producing an α-azidoaniline derivative represented by formula (2) or an α, α'-diazide derivative by bringing an aniline derivative represented by formula (1) and an azidizing agent into contact with each other in the presence of water, a persulfuric acid salt and a copper compound. (In formula (1), each one of R1 to R5 independently represents a hydrogen atom, a halogen atom, a nitro group, a cyano group, a substituted or unsubstituted alkyl group having 1-12 carbon atoms, a substituted or unsubstituted alkoxy group having 1-12 carbon atoms, a substituted or unsubstituted aralkyl group having 7-14 carbon atoms, a substituted or unsubstituted aryl group having 2-13 carbon atoms, a substituted or unsubstituted alkoxycarbonyl group having 2-7 carbon atoms, or a substituted or unsubstituted carbonyl group having 1-20 carbon atoms; or alternatively, adjacent moieties among R1 to R5 may combine together to form an aliphatic hydrocarbon ring, an aromatic ring or a heterocyclic ring. In formula (2), R1 to R3 and R5 are the same as R1 to R3 and R5 in formula (1); and R4 represents an azide group (N3), or is the same as R4 in formula (1).)
(FR) La présente invention concerne un procédé qui utilise un dérivé d'aniline en tant que matériau de départ, et qui est capable de produire un dérivé de α-azidoaniline ou un dérivé de α,α'-diazide. La présente invention comprend un procédé de production d'un dérivé de α-azidoaniline représenté par la formule (2) ou d'un dérivé de α,α'-diazide par la mise en contact d'un dérivé d'aniline représenté par la formule (1) et d'un agent d'azidation l'un avec l'autre en présence d'eau, d'un sel d'acide persulfurique et d'un composé de cuivre. Dans la formule (1), chacun de R1 à R5 représente indépendamment un atome d'hydrogène, un atome d'halogène, un groupe nitro, un groupe cyano, un groupe alkyle substitué ou non substitué ayant de 1 à 12 atomes de carbone, un groupe alcoxy substitué ou non substitué ayant de 1 à 12 atomes de carbone, un groupe aralkyle substitué ou non substitué ayant de 7 à 14 atomes de carbone, un groupe aryle substitué ou non substitué ayant de 2 à 13 atomes de carbone, un groupe alcoxycarbonyle substitué ou non substitué ayant de 2 à 7 atomes de carbone, ou un groupe carbonyle substitué ou non substitué ayant de 1 à 20 atomes de carbone ; ou en variante, des fractions adjacentes parmi R1 à R5 peuvent se combiner ensemble pour former un cycle hydrocarboné aliphatique, un cycle aromatique ou un cycle hétérocyclique. Dans la formule (2), R1 à R3 et R5 sont les même que R1 à R3 et R5 dans la formule (1) ; et R4 représente un groupe azide (N3), ou est identique à R4 dans la formule (1).
(JA) アニリン誘導体を出発原料として、α-アジドアニリン誘導体又はα,α'-ジアジド誘導体を製造できる方法を提供する。 本発明は式(1)で示されるアニリン誘導体とアジド化剤とを、水、過硫酸塩及び銅化合物の存在下、接触させることにより、式(2)で示されるα-アジドアニリン誘導体又はα,α'-ジアジド誘導体を製造する方法を含む(式(1)中、R1からR5は、それぞれ独立に、水素原子、ハロゲン原子、ニトロ基、シアノ基、置換又は非置換の炭素数1~12のアルキル基、置換又は非置換の炭素数1~12のアルコキシ基、置換又は非置換の炭素数7~14のアラルキル基、置換又は非置換の炭素数2~13のアリール基、置換又は非置換の炭素数2~7のアルコキシカルボニル基、置換又は非置換の炭素数1~20のカルボニル基、又は、隣接する基が一体となって脂肪族炭化水素環、芳香族環又は複素環を形成してもよい。式(2)中、R1からR3及びR5は式(1)のR1からR3及びR5のそれぞれと同義であり、R4はアジド基(N3)であるか又は式(1)のR4と同義である)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)