国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020003749) 客室監視方法、及び客室監視装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/003749 国際出願番号: PCT/JP2019/018476
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 09.05.2019
IPC:
G08B 25/04 (2006.01) ,B61D 37/00 (2006.01) ,G08B 21/02 (2006.01) ,G08B 25/10 (2006.01) ,H04M 11/00 (2006.01) ,H04M 11/04 (2006.01)
G 物理学
08
信号
B
信号または呼出し装置;指令発信装置;警報装置
25
警報状態の所在を中央局に通報する警報システム,例.火災または警察通信システム
01
伝達媒体によって特徴づけられるもの
04
専用の信号回線を用いるもの,例.閉ループ状のもの
B 処理操作;運輸
61
鉄道
D
鉄道車両の種類または車体細部
37
他の付属具または設備
G 物理学
08
信号
B
信号または呼出し装置;指令発信装置;警報装置
21
単一の特定された好ましくない,または異常な状態に応答す警報であって,他に分類されないもの
02
人の安全確認のための警報
G 物理学
08
信号
B
信号または呼出し装置;指令発信装置;警報装置
25
警報状態の所在を中央局に通報する警報システム,例.火災または警察通信システム
01
伝達媒体によって特徴づけられるもの
10
無線伝送システムを使用するもの
H 電気
04
電気通信技術
M
電話通信(電話ケーブルを通して他の装置を制御するための回路であって電話機開閉装置に関わらないものG08)
11
他の電気システムとの結合のために特に適合した電話通信方式
H 電気
04
電気通信技術
M
電話通信(電話ケーブルを通して他の装置を制御するための回路であって電話機開閉装置に関わらないものG08)
11
他の電気システムとの結合のために特に適合した電話通信方式
04
警報方式,例.火災,警察または盗難警報方式,と結合されたもの
出願人:
株式会社デンソー DENSO CORPORATION [JP/JP]; 愛知県刈谷市昭和町1丁目1番地 1-1, Showa-cho, Kariya-city Aichi 4488661, JP
発明者:
宇野 慶一 UNO Keiichi; JP
代理人:
金 順姫 JIN Shunji; JP
優先権情報:
2018-12095526.06.2018JP
発明の名称: (EN) CABIN MONITORING METHOD AND CABIN MONITORING DEVICE
(FR) PROCÉDÉ DE SURVEILLANCE DE CABINE ET DISPOSITIF DE SURVEILLANCE DE CABINE
(JA) 客室監視方法、及び客室監視装置
要約:
(EN) This cabin monitoring method, which is executed by a computer (100, 200) and monitors a cabin (C) of a vehicle (ADV) boarded by a plurality of passengers (P), comprises: using at least one processor (61, 261) to associate, with each passenger who boards the cabin, an individual presentation device (20) capable of individually notifying the passenger (S102); recognizing one passenger who is a performer (Ph) of an expected specific action (S146); and using the individual presentation device associated with the performer to request the performer to stop the specific action (S147).
(FR) La présente invention concerne un procédé de surveillance de cabine, qui est exécuté par un ordinateur (100, 200) et surveille une cabine (C) d'un véhicule (ADV) dans laquelle sont embarqués une pluralité de passagers (P), consistant : à utiliser au moins un processeur (61, 261) pour associer, à chaque passager qui embarque dans la cabine, un dispositif de présentation individuel (20) pouvant informer individuellement le passager (S102) ; à reconnaître un passager qui est un exécutant (Ph) d'une action spécifique attendue (S146) ; et à utiliser le dispositif de présentation individuel associé à l'exécutant pour demander à l'exécutant d'arrêter l'action spécifique (S147).
(JA) コンピュータ(100,200)によって実施され、複数の乗客(P)が搭乗する車両(ADV)の客室(C)を監視する客室監視方法は、少なくとも一つのプロセッサ(61,261)上において、個々の前記乗客に対する個別の報知が可能な個別提示装置(20)を、前記客室に搭乗中の前記乗客のそれぞれに関連付けし(S102)、予め想定された特定行為の行為者(Ph)である前記乗客の一人を認定し(S146)、前記行為者に関連付けられた前記個別提示装置を用いて、前記特定行為の中止を前記行為者に対して要求する(S147)ことを含む。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)