国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020003698) 出力ノイズ低減装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/003698 国際出願番号: PCT/JP2019/016276
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 16.04.2019
IPC:
H03H 7/01 (2006.01) ,H01F 17/06 (2006.01) ,H01F 27/06 (2006.01) ,H01F 27/29 (2006.01) ,H01F 27/32 (2006.01) ,H02M 3/00 (2006.01)
H 電気
03
基本電子回路
H
インビーダンス回路網,例.共振回路;共振器
7
回路網の部品として受動的電気素子のみを含む多端子対回路網
01
周波数選択二端子対回路網
H 電気
01
基本的電気素子
F
磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
17
信号用の固定インダクタンス
04
磁気コアをもつもの
06
それ自体で閉じたコアをもつもの,例.トロイド
H 電気
01
基本的電気素子
F
磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
27
変成器またはインダクタンスの細部一般
06
変圧器,リアクトルまたはチョークコイルの取り着け,支持または吊着
H 電気
01
基本的電気素子
F
磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
27
変成器またはインダクタンスの細部一般
28
コイル;巻線;導電接続
29
端子;タップ配置
H 電気
01
基本的電気素子
F
磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
27
変成器またはインダクタンスの細部一般
28
コイル;巻線;導電接続
32
コイル,巻線,またはその一部の絶縁
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
M
交流-交流,交流-直流または直流-直流変換装置,および主要な,または類似の電力供給システムと共に使用するための装置:直流または交流入力-サージ出力変換;そのための制御または調整
3
直流入力一直流出力変換
出願人:
北川工業株式会社 KITAGAWA INDUSTRIES CO., LTD. [JP/JP]; 愛知県稲沢市目比町東折戸695番地1 695-1, Higashiorido, Mukui-cho, Inazawa-shi, Aichi 4928446, JP
発明者:
矢田 哲也 YADA, Tetsuya; JP
谷水 友和 TANIMIZU, Tomokazu; JP
代理人:
大塚 康徳 OHTSUKA, Yasunori; JP
大塚 康弘 OHTSUKA, Yasuhiro; JP
高柳 司郎 TAKAYANAGI, Jiro; JP
木村 秀二 KIMURA, Shuji; JP
優先権情報:
2018-12047826.06.2018JP
発明の名称: (EN) OUTPUT NOISE REDUCTION DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE RÉDUCTION DU BRUIT DE SORTIE
(JA) 出力ノイズ低減装置
要約:
(EN) This output noise reduction device according to an aspect of the present invention is configured from a conductive bar 12, a magnetic core 10 through which the conductive bar 12 penetrates, and lead members 13 and 14 that connect the conductive bar 12 and a mounting substrate 7, wherein, after the lead members 13 and 14 are connected to the conductive bar 12, the output noise reduction device is molded with a mold 20. As a result, the number of components is reduced and the occupied area of the mounting substrate is used efficiently, whereby component costs and manufacturing costs are lowered and the present invention can be applied to a wide range of customer demands.
(FR) Selon un aspect, la présente invention porte sur un dispositif de réduction de bruit de sortie qui est configuré à partir d'une barre conductrice 12, d'un noyau magnétique 10 à travers lequel pénètre la barre conductrice 12, et d'éléments pattes 13 et 14 qui connectent la barre conductrice 12 et un substrat de montage 7, le dispositif de réduction de bruit de sortie étant moulé avec un moule 20 après que les éléments pattes 13 et 14 ont été connectés à la barre conductrice 12. Par conséquent, le nombre de composants est réduit et la zone occupée du substrat de montage est utilisée efficacement, moyennant quoi les coûts en composants et les coûts de fabrication sont réduits et la présente invention peut être appliquée à une large gamme d'exigences de clients.
(JA) 本発明の一側面に係る出力ノイズ低減装置は、導電バー12と、導電バー12が貫通する磁性体コア10と、導電バー12と実装基板7とを接続するリード部材13および14から構成される出力ノイズ低減装置において、リード部材13および14を導電バー12に接続した後、モールド20によりモールドした。これにより、部品点数を削減するとともに実装基板の占有面積を効率に利用することで、部品コストや製造コストを低減するとともに、顧客の幅広い要望に対応可能とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)