PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 月曜日 03.02.2020 (10:00 午前 CET)
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020003608) 複合材、複合材の製造方法、及び複合材の硬化方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/003608 国際出願番号: PCT/JP2019/007159
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 26.02.2019
IPC:
B32B 3/12 (2006.01) ,B29C 70/16 (2006.01) ,B29C 70/34 (2006.01) ,B64C 1/00 (2006.01) ,B64D 45/02 (2006.01) ,B29K 105/08 (2006.01) ,B29L 9/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
3
外面または内面にある一つの層が不連続または不均一なもの,または一つの層が平らでない形状のものから本質的になる積層体;本質的に形状に特徴を有する積層体
10
不連続な層,すなわち空隙を有するかまたは分離した材料片から形成された層を特徴とするもの
12
一体的に形成されているか個々に形成されているかにかかわらず規則的に配列されたセル層を特徴とするものまたは分離した条片の結合を特徴とするもの,例.ハニカム構造体
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06
繊維状の補強材のみ
10
繊維状の補強材の構造に特徴があるもの
16
相当な長さの,あるいは連続した長さの繊維を用いたもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
28
そのための成形操作
30
レイアップ法(母型,成形型,あるいはコアに,繊維やテープ,シートなどをあてがう)による成形;スプレーアップ法(母型,成形型,あるいはコアに,繊維を吹きつける)による成形
34
および圧縮による成形または含浸
B 処理操作;運輸
64
航空機;飛行;宇宙工学
C
飛行機;ヘリコプタ
1
胴体;胴体,翼,安定板,またはそれらと同様な構成要素の共通構造
B 処理操作;運輸
64
航空機;飛行;宇宙工学
D
航空機の装備;飛行服;パラシュート;動力装置または推進伝達機構の設備または装置
45
他に分類されない航空機の指示計器または保護設備
02
避雷装置;静電気放電装置
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
105
成形品の条件,形態または状態
06
補強材,充填材または挿入物を有するもの
08
連続長の,例.コード,ロービング,マット,織物,ストランド,ヤーン
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
9
積層体
出願人:
三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 2-3, Marunouchi 3-Chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008332, JP
発明者:
野間 一希 NOMA, Kazuki; JP
秋山 浩庸 AKIYAMA, Hiromichi; JP
小佐々 敏生 KOZASA, Toshio; JP
金升 将征 KANEMASU, Masayuki; JP
森島 駿一 MORISHIMA, Shunichi; JP
代理人:
藤田 考晴 FUJITA, Takaharu; JP
優先権情報:
2018-12306628.06.2018JP
発明の名称: (EN) COMPOSITE MATERIAL, METHOD FOR MANUFACTURING COMPOSITE MATERIAL, AND METHOD FOR CURING COMPOSITE MATERIAL
(FR) MATÉRIAU COMPOSITE, PROCÉDÉ DE FABRICATION DU MATÉRIAU COMPOSITE ET PROCÉDÉ DE DURCISSEMENT DU MATÉRIAU COMPOSITE
(JA) 複合材、複合材の製造方法、及び複合材の硬化方法
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing a composite material that can prevent a strength reduction when fibers of a skin material are bent during curing of the composite material. In a composite material (1), a filler (9) is arranged between a honeycomb core (2) and a first skin material (4) and/or between the honeycomb core (2) and a second skin material (6) so as to overlap the tip of an end of the honeycomb core (2). In a horizontal view, the filler (9) arranged between the honeycomb core (2) and the second skin material (6) protrudes outside the composite material (1) by a length equal to or less than a length of a portion thereof overlapping the tip of the end of the honeycomb core (2).
(FR) La présente invention vise à fournir un matériau composite qui peut empêcher une réduction de résistance lorsque des fibres d'un matériau superficiel sont courbées pendant le durcissement du matériau composite. Dans un matériau composite (1), une charge (9) est disposée entre un noyau en nid d'abeilles (2) et un premier matériau superficiel (4) et/ou entre le noyau en nid d'abeilles (2) et un second matériau superficiel (6) de façon à ce qu'elle chevauche la pointe d'une extrémité du noyau en nid d'abeilles (2). Dans une vue horizontale, la charge (9) disposée entre le noyau en nid d'abeilles (2) et le second matériau superficiel (6) fait saillie à l'extérieur du matériau composite (1) d'une longueur inférieure ou égale à une longueur d'une partie de ce dernier chevauchant la pointe de l'extrémité du noyau en nid d'abeilles (2).
(JA) 複合材の硬化時において、スキン材の繊維が屈曲し、強度低下を招くことを抑制することができる複合材を提供することを目的とする。複合材(1)において、ハニカムコア(2)と第1のスキン材(4)との間、又はハニカムコア(2)と第2のスキン材(6)との間、もしくはこれらの両方に、ハニカムコア(2)の端部の先端に重なるようにフィラー(9)が配置されている。ハニカムコア(2)と第2のスキン材(6)との間に配置されているフィラー(9)は、水平視で、ハニカムコア(2)の端部の先端に重なる部分の長さと同等以下の長さが複合材(1)の外側にはみ出している。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)